« 寒水浴2009 -ツグミ- | トップページ | 甘い雫 »

あら、ちょっと見ない間にすっかり大きくなって・・・

暦の上では雨水ですが、空気が冷たかったです。
よく晴れているのに、外では日射しの温かさを感じませんでした。
明日は、もっと気温が低い様です。

今日の写真は何だかよく分かりませんね。すみません(笑)
これ、クワガタムシの幼虫です。
この冬は随分しばらくぶりにクワガタムシの飼育を再開しています。
子供がふ化させたノコギリクワガタの幼虫を飼育しているのがきっかけで
私までついでの(!?)再開となりました。
子供のノコギリの他、ニジイロクワガタと、
写真のシェンクリングオオクワガタ(Dorcus schenklingi)の
2種類の外国産クワガタにトライしています。
シェンクリングオオクワガタは台湾の山岳に分布しているクワガタムシです。
産地でも個体数が多くないので採集するのは難しいのだとか・・・
法的に採集への制限もあるようですね。

しかし意外にも、日本国内では
以前から導入されていた個体の繁殖が盛んなので
割合多く売られています。
オオクワガタの仲間(Dorcus属)なので、真っ黒で体が太い虫なのですが、
全体的な体型やアゴの形は日本のコクワガタにそっくりです。
もっともコクワガタもドルクス属、立派なオオクワガタの仲間ですけど。
そもそもシェンクリングは、この「コクワに似ている」ということが原因で
好き嫌いがハッキリ分かれるクワガタです。
私は好きですよ。っていうか、コクワガタも好きです。
あらためて見ると我が国のコクワガタも、
なかなか良い形をしたクワガタだと思うのですけどね。

この幼虫は昨秋1令幼虫で購入し、
大きな菌糸ビンに入れてそのままそっと飼育していたのですが、
久し振りに見たら嘘みたいにでかくなっていました。
オレンジ色の部分が頭部ですが、幅15ミリを超えています。
かつて昆虫用品メーカーの飼育マニュアルを作ったりしていたので
いろいろなクワガタムシの飼育経験があるのですが、
こんなに頭が大きい幼虫を見るのは久し振り。
パラワン島やスマトラ島のヒラタクワガタ以来かなあ・・・

これ、無事に成虫になったら、80ミリはいくんじゃないでしょうかね?
もっとも暑さが苦手なシェンクリングは
羽化シーズンの日本の高温が災いしてか、
羽化不全を起こしやすいことでも知られています。
さて、上手く成虫にすることが出来ますかどうか・・・

Schenk3rei

|

« 寒水浴2009 -ツグミ- | トップページ | 甘い雫 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/28194814

この記事へのトラックバック一覧です: あら、ちょっと見ない間にすっかり大きくなって・・・:

« 寒水浴2009 -ツグミ- | トップページ | 甘い雫 »