« 見納めの風景 | トップページ | アマナ咲く »

おたまパラダイス

西高東低の気圧配置で、寒気が流れ込んでいるそうですが、
なるほど、日射しの割に空気が冷たかったです。
明日は今日より気温が低めのようですから、要注意ですね。

今日の写真は排水路の水際です。
どうです、この有様!2月から産卵が続いたニホンアカガエルの卵塊は
その殆どが既にオタマジャクシのふ化を迎えています。
つまりこれ、すべてニホンアカガエルのオタマジャクシ。

ニホンアカガエルのオタマジャクシは
ややグレーがかった薄茶色をしていますが、それはある程度成長したもの、
はじめのうちは、かなり黒っぽい焦げ茶色をしています。

でもこうして写真を見ていると、
焦げ茶色でも2種類あることに気が付きます。
普通に焦げ茶色っぽいものと、やや赤味が強いもの・・・
そういえば卵も赤っぽい粒のものがありました。
赤っぽい卵が、やはり赤っぽいオタマジャクシになるのではないでしょうか?
アカガエルは親の体色にもバリエーションがあります。
もしかすると、親の体色と卵・オタマジャクシの色も
関係があるのかもしれませんね。
画像の中には、早くふ化し既に一回り大きくなったものも混じっています。
そうした個体はやや体色が薄くなり、背中の尻尾よりの左右に
アカガエルのオタマジャクシの特徴である楕円形の紋が現れてきます。

アカガエルの産卵は一週間余り前に一旦終了、前半部隊が産卵を終えました。
後半部隊が産卵を始めるのはサクラが咲く頃です。
なぜ中休みが入るのか分かりませんが、
ちょうど休みの間にアズマヒキガエルの繁殖が行われることから、
それを避けている様にも思えます。
その時期下手に混在すると、先日のウシガエルの様な目に遭うことを
アカガエルは知っているのかもしれませんね。

今年はこれまでに65卵塊を記録しています。
昨年は前半・後半部隊の合計が70卵塊でしたから
おそらくその記録は更新されるはず・・・ひょっとすると80を超えるかな?

Akagaeruotama

|

« 見納めの風景 | トップページ | アマナ咲く »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

うっ…スゴい数ですね、塊(笑;)
成体になるのは一部なのでしょうが。

「中休み」はウシガエルの惨事を避けるのと、親が孵化数をみて追加産卵数を考えるのかも?
家族計画(笑;)

脱シリアス(爆)

投稿: 太郎 | 2009年3月27日 (金) 09時09分

うふふのふ、ひしめき合っているでしょう。
少し離れて見ると水際が黒くうねっているように見えるのですよ〜(笑)

おっしゃるように、カエルになれるのはごく僅か、
あとはヤゴやタイコウチやゲンゴロウの命を繋ぎます。

なるほど、家族計画ですかー。
案外そうかもですね〜(笑)
でも、ふ化はだいたいうまくいくのですよね。
そのあとがなかなか計画通りに運ばない?キビシいもんです。

>脱シリアス←(爆)いや、おたまでシリアスされても・・・
でも、時々シリアスも下さいね。とても温かいものを感じましたので・・・
コメントも含めお分かりいただけたと思いますが、
とても想いがこもった大切な場所を失うものですから・・・
有り難うございました。

投稿: ぐりお | 2009年3月27日 (金) 21時47分

こちらこそありがとうございました!

投稿: 太郎 | 2009年3月27日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/28820258

この記事へのトラックバック一覧です: おたまパラダイス:

« 見納めの風景 | トップページ | アマナ咲く »