« サクラと競争 -クサボケ- | トップページ | 寒中水泳 -キジバト- »

もうすぐ食べごろですが

今日の最高気温は7.5℃、
最低気温が5℃ですから、あまり差がありません。
しかし、それほど寒いとは感じませんでした。
今頃になって、ようやく体が寒さに慣れて来たということ?
一種の加齢現象ですかね(笑)

写真は昨日のカット、ヤブカンゾウの新芽です。
一昨日の雨の名残りが葉の間に挟まった水玉になっていますが、
折からの北風と乾いた空気により
周囲の落ち葉はすでにカラカラに乾いています。

このヤブカンゾウの新芽、くせがなくて美味しいのですよね。
もう少しで食べごろになりますが、どうしようかな・・・
このまま立派に伸ばして、山菜が乏しい初夏に
お楽しみをとっておくという手もあります。
というのも、ヤブカンゾウは初夏に沢山出て来る蕾もまた
美味しく食べられるからです。

ヤブカンゾウは全て八重咲きで、結実しません。
しかし、里山などでは近縁種のノカンゾウよりもよく目にするようです。
栄養繁殖しか出来ないヤブカンゾウが、
なぜこれほどまであちこちにあるのか・・・
それは、食用に適するため飢饉対策として、ヒガンバナなどと同様、
人為的に植栽されたからと言われています。

ヒガンバナは有毒なのでよく茹で、流水に晒さないと食用にできませんが、
ヤブカンゾウは無毒でくせが無く、
ほとんど野菜といっても良いレベルの、とても使いやすい野草です。
おひたしはもちろんあえもの、汁物、天ぷらと一通りの食べ方が可能。
おまけにあまり土質を選ばず、丈夫でよく殖えます。
何が起こるか分からないこれからの時代、
自家食料自給率を上げるためお宅にも一本、どスか!?(笑)

Yabukanzoume090305

|

« サクラと競争 -クサボケ- | トップページ | 寒中水泳 -キジバト- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
こちらでもエゾカンゾウってのがあります。
来月くらいからワラワラと国道脇の土手なんかに群生してるのが見られます。
私は食べたことがないのですが、
エゾカンゾウも新芽が食べれる見たいなんですよね~。
でも確かあまり食べ過ぎるとなんかあったような・・・・・・。

こちらでも山菜のシーズン間近・・・・・(間近でもないかも。(笑))
私ね、ギョウジャニンニクが大好きなんですよ~。
毎年、ヒグマの恐怖と戦いながらギョウジャニンニクを採りに行ってまーす。
あっ、ウドも大好きでーす。
スーパーでも売ってるのですが、やっぱ自生してるのを採ってきた方が
おいしいよね。

投稿: こー | 2009年3月 9日 (月) 06時17分

こーさんども!
そちらだと山菜がたけなわなのは、ゴールデンウィーク明けの頃ですかね。
こちらでは、千葉・茨城・栃木・福島と山菜前線も徐々に北上するので、
摘み上手な方は長く楽しめるようですよ。

エゾカンゾウですかー。
そちらのご当地カンゾウですね。花はどんなんでしたっけ?
ギョウジャニンニクはこちらでもコシアブラと並んで人気がありますよ〜。
あれも食べやすいですもんね。でも私は自生のものを摘んだことはないです。
こーさんの方では、野山のフキがすごくデカイんじゃないですか?
秋田県以北に多いタイプですよね〜。
野生のモノは強いアクやクセがまた野趣の楽しみだし、
見つけて採るのってやっぱり嬉しいですよね。

投稿: ぐりお | 2009年3月 9日 (月) 09時37分

こんばんは。
これ、欲しいんですけどネットで買うと高いんですよねー。
うちの近所は埋立地なのでまったく見かけません...。
ほしーー。

投稿: Kochan | 2009年3月11日 (水) 00時22分

Kochanさんお久しぶりです。
ないですか?カンゾウ類・・・例えば荒川の河川敷みたいなところでも
よく探すとけっこうみつかるんだけどなあー
差し上げてもいいのですが、その場合は株が出来た夏か
休眠期の冬ですね。後者の方が間違いないですけどね。
今は動かすには一番辛い時期ですが、伸び出した柔らかい芽が傷まない様に
丁寧に掘り上げて直接お渡しするのなら可能でしょう。

そうそう、コオニタビラコは結局ダメでしたか?
うちは昨秋にこのブログで紹介した「謎のロゼット」が
やはりコオニタビラコだったようで、少し殖えました。
必要ならまた種を採りますが・・・

投稿: ぐりお | 2009年3月11日 (水) 21時11分

こんばんは。
お返事ありがとうございました。
うちは湾岸の埋立地で、そういう古来人間によって植えられた系の植物は皆無で...。田んぼさえ近所にありません。
コオニタビラコですが、結局まったく発芽しませんでした...。お手数をおかけしたのに面目ないです...。もし可能でしたら、また分けていただけると大変ありがたいです。振り込みます。

投稿: Kochan | 2009年3月11日 (水) 22時43分

Kochan様
了解、一応種子確保心掛けます。
でも、先に用土とか播き床を用意しておいて下さいね。
基本採り播きですから・・・
土はやはり栄養分たっぷりで水保ちが良いタイプが調子よさそうです。
鹿沼と赤玉の細粒に
腐葉土と荒木田を混ぜたみたいなのがいいかもです。
ロゼット苗で越冬する植物なので、凍結や乾燥が極端にならないように
大きめの容器がいいと思います。

投稿: ぐりお | 2009年3月12日 (木) 15時00分

こんばんは。
大変お世話になっております...。
前回と同じ轍を踏まぬよう、すぐ蒔きます。
お手数をおかけして恐縮ですが、よろしくお願いします。

投稿: Kochan | 2009年3月12日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/28531307

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ食べごろですが:

« サクラと競争 -クサボケ- | トップページ | 寒中水泳 -キジバト- »