« 取っ組合い -スズメ- | トップページ | アマナ満開 »

レビューは第三幕

これで寒気の流れ込みは何日続いているでしょうか。
今日も空気の冷たい一日でした。お天気は良かったんですけどね。

写真は今月11日に芽だしの様子を掲載したヤマウグイスカグラ。
3週間足らずでレビューは第三幕へと進み、
可憐な小花を下向きに咲かせています。
第二幕のネクタイのように下がった蕾も載せたかったのですが、
うっかりして撮影しそびれてしまいました。

ヤマウグイスカグラはスイカズラ科の落葉低木、
分類の上では双子葉植物を二つに分けたうちのひとつ、
合弁花類に属します。
合弁花類というのは読んで字のごとく、花弁の先の形状はともかく
付け根側が合着して筒状になっている花のグループです。
スイカズラ科の他にも、ツツジ科、モクセイ科など、
お馴染みの科が肩を並べます。

多くの合弁花類では花の付け根の筒状部分に蜜腺があり、甘い蜜を蓄えます。
と、いうことは虫をアテにした受粉という訳ですが、
ヤマウグイスカグラにどのような受粉者(ポリネーター)がいるのかを
ちゃんと観察したことがありません。
筒状の部分は長さが1センチ以上ありますから、
それなりの口吻を持ち合わせた昆虫でないと、
蜜にありつくことはできそうにありません。
チョウ?でもやっぱり来ているところは見た事ないなあ・・・
もっとも自家受粉で結実するのなら、雄しべよりひと際突き出した雌しべが
こぼれ落ちた花粉をたやすく受け取る事が出来そうですね。

そうそう、その実がまた可愛いのですよ。
それがこの次の第四幕。今度は撮りそびれない様に気を付けないと・・・

Yamauguisukagurahana

|

« 取っ組合い -スズメ- | トップページ | アマナ満開 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

スイカズラといえば、我が家ではハスカップですねぇ。
今年二年目、鉢植えでも芽が出てくるか…。
サクランボは二鉢とも出てこなかったですからね(笑;)

先日、様子をみたら出てきそうな…感じ。
ダメだったらショックなので、ちゃんと確認してから植え替えします。

最初の年の数粒は全て、娘の口の中…。
今年はもう少し収穫出来たら、食べてみたいですね(笑)

投稿: 太郎 | 2009年3月30日 (月) 08時54分

太郎さんこんにちは。
ハスカップが栽培できる環境、はぁ〜(吐)羨ましいです。
我が家のサクランボ「阿波乙女」は、元気に芽が出てきましたが、
さすがにまだ花はおあずけです(笑)ま、二年目の苗ですから仕方が無い。
しかしひょっとしたら来春は・・・なんて気が早いですかね。

ハスカップって、種は大きいのですか?
実は外見はちょっとコナが吹いたみたいでプルーンを彷彿とさせますが、
もっとジューシーなんでしょうかね。
今年はご家族で味わえる様、お祈りします(笑)

投稿: ぐりお | 2009年3月30日 (月) 17時42分

我が家の故サクランボは一年目で、少し花を咲かせたんですよ。
筆でチョンチョンしたのにダメでした(笑;)

ちゃんと咲きはしませんでしたので、今思えば灯火の花だったのか…。
夏はグングン伸びたし、管理怠ったわけでもないのに(泣)

ハスカップの種ですか?
果実にしてはデカイのが数粒入っています。
果肉部分に近いくらい(?)占めているのではないでしょうか。

生きてておくれ、ハスカップ!

投稿: 太郎 | 2009年3月30日 (月) 19時27分

種はひとつじゃなくて、数粒なんだ!
下がって成るあたり、ヤマウグイスカグラなんかと同じなので、
種も同じ様に大きめがひとつ・・・かと思ってました。
元気に芽吹くといいですね。

投稿: ぐりお | 2009年3月30日 (月) 22時34分

んん〜…一粒だったかも…自信なさげ(笑;)
今年、「「確認出来れば」」ご報告します…。

投稿: 太郎 | 2009年3月31日 (火) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/28870159

この記事へのトラックバック一覧です: レビューは第三幕:

« 取っ組合い -スズメ- | トップページ | アマナ満開 »