« 繁殖ひと段落 -マタナゴ- | トップページ | 待ち人来たらず »

今年は撮れた! -ヒカゲスミレ-

風が爽やかでとても気持ちのいい1日でしたが、
現在15:00、これから一時的に一雨あるのだとか・・・
一昨日あんなに降ったのに、もう空気はからからで
地面もだいぶ乾いてきましたから、いいタイミングです。

さて、庭には植えたもの、この地に自生のものをあわせて
十数種類のスミレが咲きますが、毎年花を撮影しようと思いつつ
いっつも気付いたら咲き終わってしまう種類がありました。
それは早くに花が咲いて風や寒さで傷んで終わってしまうアオイスミレと
写真の花、ヒカゲスミレです。

ヒカゲスミレは池の流入路がある埋め立て湿地に数株が生育しています。
花は白で中心が薄い黄緑色、
野生スミレの中にあっては決して小さい花ではないのですが、
花茎が短く、あまり葉より高く花を掲げない、何とも控えめな咲き方です。
葉はギザギザの鋸歯がはっきりした少し細長いハート型で、
それなりにガサッとしたボリュームがあるのですが
緑と紫を混ぜた様な微妙な色がまた地味〜。
(この葉色のタイプをタカオスミレと呼ぶようです)
春になって芽が動き出していてもつい見逃してしまいます。
今年は絶対に写真を撮ろうと毎日待ち構え、ようやく撮影できました。

このヒカゲスミレもまた、度々ブログに書いている
ダムによる水没地域の個体です。
2年前、貯水位以下の部分の高木伐採地にあった株から貰った根茎を
バーミキュライトに伏せて作った苗を植え込みました。
残念ながら、上を覆う樹木が取り払われた自生地では地面が乾いてしまい、
たんねんに見たのですが今年は一株も見つける事ができませんでした。

ヒカゲスミレはその名の通り、
あまり恒常的に日射の強いところでは生育できません。
かといって手入れのされない杉林みたいな暗いところもダメなようです。
ほどほどの光が届く湿った日陰がお好みみたいですね。
庭に植えた場所はまずまず気に入ってくれたようで、
根茎で株数を殖していますが、実生発芽は見られません。
ひょっとしたら他のスミレとは異なる種類のポリネーター(受粉者)と
契約しているのかもしれませんね。

控えめに開く白い花も今年はそろそろ終わり・・・
株の周りにはこれよりずっと小さな白花を咲かせるニョイスミレが
いつの間にか進出してきて、小花のくせに高く掲げた鈴生りの咲き方で
ヒカゲスミレよりずっと目立っています。

Hikagesumire

|

« 繁殖ひと段落 -マタナゴ- | トップページ | 待ち人来たらず »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/29143526

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は撮れた! -ヒカゲスミレ-:

« 繁殖ひと段落 -マタナゴ- | トップページ | 待ち人来たらず »