« 久々の新顔トンボ | トップページ | どこのドイツ? »

Kの植え替え2

お天気が良かったですね。
気温も少し高めに移行しつつあるでしょうか。
今日、全国で一番高い最高気温は釧路の27.3℃だったそうですね。
数日前は雪が降ったのですから、こりゃまた目まぐるしいことです。

今日は夕方に少しだけ時間ができたので、
ずっと気になりつつもやりそびれていたランの植え替えを行いました。
昨年9月29日にやはり植え替えを記事にした、あの「K」こと
フラグミペディウム・コバチィ(Phragmipedium kovachii)です。
半年でまた植え替えというのもせわしない話なのですが、
前回の植え替えで、フラスコ出しの苗をミズゴケに植えていたものから
ミックスコンポストに植え替えて経過を見ていました。が、
「これは今ひとつだな・・・」との判断をしたので
本格的な暑さがやって来る前に鉢内環境の再整備をしたいと考えたのです。

前回Kに用いたミックスコンポストは、軽石等数種類の礫を主体とし、
それに少量のバークチップを混ぜ込んだものです。
これが「相性が悪い」とまでは言いませんが、どうもイメージしたより
成長が鈍い感じで、極めて根拠に乏しい直感により
「硬質で粗い礫は根の当たりが悪い!バークの単用にしよう!!」
と思い立ちました。

早速鉢から抜いて根の様子を見ると、
意外な事に状態は悪くありませんでした。
フラスコ出しの際に中心的だった根もまだ元気に頑張っています。
そういえば古葉もなかなか落ちないし、これはこの種の特徴かな?
コバチィは根も葉も長命な方なのかもしれません。
それが災いして・・・というべきか、新芽が出て来た時に
まだまだ青い古葉を割って出るので、
その裂け目がちょっと腐った様に枯れ込んでいます。これはやだなー。
それと、状態はいいものの、新しい太い根の長さが今ひとつな感じ。
先が潰れている様子は無いので、不調な訳ではなさそうですが・・・

新芽は向かって右の株に大小二つ、左の株には
まだ産まれたての小さなものがひとつ確認できました。
リーフスパンは46センチでした。

今回はコンポストをバーク単用にするだけでなく、
鉢を今までのプラ鉢から4号の素焼鉢にします。
そして、鉢底のゴロ石は大粒の軽石に珊瑚とミリオンを加えました。
勘のいい方はこれでピンと来たかも知れませんね・・・
そう、腰水栽培に切り替えるのです。
この植え方で腰水にし、少々の風があれば、
気化冷却で鉢内の温度上昇をそこそこ抑えられます。
実はこれ、私の栽培環境では、中型シプリペディウムに有効な方法。
なぜこれを選択したか・・・

今まで栽培してみて確信した事が二つあります。それは
コバチィは間違いなく、相当に暑さが苦手なクールオーキッドだという事。
適温の上限はおよそ26℃と見ました。
そして、根は水と空気の両方をとても欲しがる事。
この二つの課題を完全にクリアするのは難しいですが、
今なんとか解決しないと巨大な開花サイズに持っていくことは
とてもできそうにありません。がんばらなくちゃ・・・!

Phragkov090430

|

« 久々の新顔トンボ | トップページ | どこのドイツ? »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

お互い違う点で試行錯誤、暗中模索ですね…。
あっ、私は試行には至ってはいませんが(笑;)

腰水への移行については賛成ですね。
ただこの場合、コンポストはいじらずにそのまま腰水にするという選択肢も考えました。
(バーク単用より鉢内の空気と水という面で。)
バーク単用っぽい腰水も見たので何とも言えないですがね。

素焼きによる蒸散冷却も良いと思います。

これで根の伸長が促さされる事を願います。

こちらは植え替え時、写真を撮り忘れましたが、表面付近はエライ事になっていました…。

投稿: 太郎 | 2009年5月 1日 (金) 09時37分

太郎さんどもです。
バーク単用は早まったですかね。
もちろん植え替えのサイクルを早くしようという考えですが、
バークは植え替え時の根へのダメージが少ない様な気がします。

ところで、エライ事がきになりますね。
根の伸び方かしら?

投稿: ぐりお | 2009年5月 2日 (土) 01時21分

んん〜、バーク単用が早まった事かは分かりません。
バークでもミックスでも大差はないかもしれませんが、私の管理方ではミックスが上手くいっていますので…。
私ならそのままミックスで腰水導入したかも。

「エライ事」と誤解を招いてしまいましたね(笑;)
良い意味でして、エライ好調というという意味です。

表面付近の根はいじれない状態でしたが、極力、下の方にもっていくように植え替えしました。

投稿: 太郎 | 2009年5月 2日 (土) 10時11分

にゃるほど、「いいエライ事」でしたか。何よりです!
だいぶ葉幅が出てるようですから、本当に楽しみですね。

あ、ちなみに私の方のバーク単用ですが、腰水の水位までは下から
大粒軽石層、軽石+珊瑚+ミリオン層、小粒軽石+ミリオン+バーク層
となっているので、水に浸かる部分は実質的にミックスということになります。
バーク単用と言えるのは、そこから鉢の表面までの間だけです。

投稿: ぐりお | 2009年5月 3日 (日) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/29373297

この記事へのトラックバック一覧です: Kの植え替え2:

« 久々の新顔トンボ | トップページ | どこのドイツ? »