« ブナの芽吹き | トップページ | 久々の新顔トンボ »

水中の春

今日は良く晴れ、風が無かったのですが気温は低め。
朝方は3.5℃まで冷え込み、夕方にはまたぐぐっと冷え込んで
温室の暖房が動き出しました。
最高気温は16℃、19:00現在で9℃を下回っています。寒いですね。

写真は陸上より半月ほど遅れてようやく盛り上がって来た
池の中の植物たちの様子です。
葉縁がうねってサニーレタスの様に見えるのはコウホネの水中葉。
この水中葉は冬の間から見られ、
水温が低い時期はもっと赤みがかった色をしていますが、
活動が始まると鮮やかなグリーンに変わり、
これで成長のセルモーターを回して水面に浮かぶ水上葉を数枚出し、
やがて茎(葉柄)を水面から突き出して空中葉へと選手交代します。
3株写っているうちの左右の2株はそれぞれ1枚ずつ、
水上葉を伸ばしつつありますがわかりますか?
水中葉のように縁がうねっていませんね。厚みもあります。

既に水面に楕円形の葉を浮かべているのはジュンサイ。
こちらもこれから次々と葉を浮かべ、爆発的に増殖するので
新葉が広がる前に摘心・・・とかいって食べたいだけなんですが(笑)
画面左下あたりに、すでに食べごろの丸まった新葉が見えます。
三杯酢やおすましでいただくと美味しいんですよ〜。

左端中央より少し上にモソモソ生えている黒っぽいのがオオカナダモ。
密集してこんもりと茂り、大きな水中の森を作りますが、
この春はだいぶ刈り取りました。でもおそらく数ヶ月で回復します。

あちこちにアズマヒキガエルの真っ黒なオタマジャクシが泳いでいます。
こんなところをちょろちょろしているのは実は少数派で、
殆どは水際を真っ黒に染めるほど密集して移動し、
あまりこういう水際からはなれたところには来ません。

画面中央にはモツゴのペアが写っています。
モツゴはこれからが産卵のピークで、スイレンやコウホネの浮き葉の裏に
びっしりと卵を産みつけます。
同じスイレンの株でも産卵が集中する葉とそうでない葉が
なぜかはっきり分かれていて、ちゃんと確認できてはいないのですが、
どうやら先に産卵された卵をあとから来た個体が食べて除去し、
自分の卵を産みつけているみたいです。

本当はカメラを潜らせて横から撮ってみたいのですが、
上から見ると透明に見える水も横方向からだと
うっすら白くかすんだ様な濁りを感じてしまい、
なかなか上手く行きません。
多分ちょっと乱雑な水草水槽みたいな感じだと思うのですけどね・・・

Suichuharu

|

« ブナの芽吹き | トップページ | 久々の新顔トンボ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

い~ですよね~、こういう池があると。
おまけに水草が茂っていて、水生昆虫や動物がいて・・・・・。
あ~、うらやましいよ~。
近所だったら見に行くのになぁ。
あっ、そういえば私の家のすぐ前にも水辺があるよ~。
それは・・・・・太平洋。(爆)
嵐の後はホッキ貝が上がってそのまま食卓に上がりまーす。(笑)
ヨウジウオが採取できるので、ほんとは水槽で育ててみたいのですが、
餌の確保が難しいのでじっと我慢っす。

投稿: こー | 2009年4月29日 (水) 07時14分

どもです。
池は楽しいっすよやっぱ。
こーさんとこはお庭があるようだから、
ミズゴケなんか配置してやってみては。
ごく小さい池でも、自然の生き物たちと
必ず何らかの繋がりが感じられて、実に面白いですよ。

でも、世界一のビオトープが目前なんですね(笑)
嵐の後のソレ、いいなあ!なんと至福なビーチコーミングでしょ(唾)

すごい、ヨウジウオですかー!面白いですよね。
でも、あの手は確かに飼育が大変そう・・・
ヨウジウオ飼ってるんだかブラインシュリンプ飼ってるんだか
わかんなくなっちゃいそうですね(笑)

投稿: ぐりお | 2009年4月29日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/29337846

この記事へのトラックバック一覧です: 水中の春:

« ブナの芽吹き | トップページ | 久々の新顔トンボ »