« ミニミニラナンキュラス | トップページ | 脱皮終了、解放的〜! »

桃も咲かずば残るまい

温かく穏やかな日が続いていますね。
当地でもソメイヨシノが見ごろとなっています。
谷津田の斜面林のヤマザクラもかなり咲き始めましたが、
今年はコブシもまだまだ花が残っているので、
両方がきれいな状態で楽しめます。

写真は庭のビオトープゾーンの南東端を彩る桃の花です。
ビオトープゾーンになんで桃かと言うと、
これ、意図的に植えたのではなく勝手に生えて来てしまったのです。
じつはこの一角で生ゴミを堆肥化していたので、
そこに食べた桃の種が混じって、それが発芽したというワケ。

桃栗三年といいますが、桃は本当に成長が早く
あれよあれよという間に私の背を超え、昨年から花が咲く様になりました。
これが桃の作戦勝ち。いち早いプロモーションだったのです。
本当はここにあるのもナンなので、
どうにかせにゃあと思ってもいたのですが、
この桃、家族の間で事ほど左様に評判が良く、
花を咲かせて期待に応える今となっては、
処分も移植も難しくなってしまいました。

まあ確かに、庭の一角が明るく照らし出されたようで、
決して悪い雰囲気ではありません。
花色もハナモモによく見られる様な「どピンク」じゃなく、
ほんのりと可愛らしい・・・まさに桃色。

写真のバックにもやっと写っているのは、隣の畑のへりにあるヤマザクラ。
これが家の中から見ると、手前の桃とじつにいいハーモニーなんです。
う〜む、ビオトープに入れるべき植物種ではないのですが、
まいっか、みんな喜んでいるみたいだし・・・
火の鳥よろしく生ゴミから甦った秀麗な姿に
畏敬の念を表して、この先も春を告げていただく事としましょう。
ついでに大きな実も成ってくれればなおいいんですけど・・・(笑)

Momo090407

|

« ミニミニラナンキュラス | トップページ | 脱皮終了、解放的〜! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/29014345

この記事へのトラックバック一覧です: 桃も咲かずば残るまい:

« ミニミニラナンキュラス | トップページ | 脱皮終了、解放的〜! »