« Kの植え替え2 | トップページ | 谷間の星は昼に咲く »

どこのドイツ?

早くも5月がやってきましたね!
予報通り、だんだん暑くなってきましたー。最高気温は22.5℃、
それでも例年ならもっと暑い日も混じってくる頃なのですが、
今年は度々低温の並みがやって来るのでやっとここまで戻った感じです。
ちなみに最低気温は8℃、まだ10℃を割り込みますね。油断大敵です。

写真の花はスミレの一種、
ビオラ・ソロリア・プリケアナ(Viola sororia cvs. `Priceana')。
北米原産の原種スミレです。なんでもニュージャージー州の州花だとか。
プリケアナは選抜個体で、標準花は紫色です。
このビオラ・ソロリアは他にもいくつか花のバリエーションがあり、
白、赤紫に白地に紫をスプレーで吹きかけた様な模様の個体もあります。
プリケアナは白地ですが、花弁の脈が青紫に染まり、
それが密な部分が青紫の輪を描いた様に見えるのが特徴です。

面白いのがこの花の和名、なぜか「ドイツスミレ」。
ドイツ鯉はドイツで改良された経緯があるし、
ドイツスズランはドイツをはじめヨーロッパに自生する野生種だし、
和名の根拠がはっきりしているのですが、
北米原産のこのスミレがどうしてドイツなのか皆目分かりません。

ちなみにこの株、庭の洋種山草のコーナーに植えてありますが、
実は自分で採集した個体です。
いやもちろん、アメリカに行った訳じゃありません。
どこにあったと思います?・・・何と、茨城県北部の山中です。
ビオラ・ソロリアは大変強健な種類で、今までにも土手や空き地で
野生化しているのを何度か見かけました。
しかし、人家に接していない山道で見つかるとは思いませんでした。
ハイカーの服か靴にでも、種子がくっ付いて来たのでしょうか。
付近もよく探し、全部で5株見つけました。
当然一株も残さず正義の採取です(笑)

ビオラ・ソロリアに限らず、
最近は野外で思わぬ園芸植物に出会う事があります。
こういう逸出は本当に怖いですね。
そしてもっと怖いのは在来種との交雑。
ビオラ・ソロリアが日本の野生スミレと実際に交雑するかは不明ですが、
スミレの仲間というのは元来種間交雑の多い植物です。

また、最近はオトギリソウ、サラシナショウマ、スイカズラなど
日本の在来種とほとんど近似種・同一種と思われるものが
園芸植物として輸入され、大量に販売されています。
こうした園芸植物は責任を持って栽培管理しないと、
在来の生態系に見えない遺伝子汚染をもたらすかもしれません。
野草園芸がお好きな皆さん、お互い注意しなくちゃですね!

V_sororia_priceana

|

« Kの植え替え2 | トップページ | 谷間の星は昼に咲く »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

わたしも二度ですが、山や森に行ったときに
全然知らない植物を見つけて、
山野草の本にも載ってなく、なんだろって家に帰ってから
色々と調べたら園芸種だったって事があります。
それはね~、ヒメナデシコとシラーカンパニュラなんですよ~。
まさか園芸種が生えてるって思わないから
同定するまでにすごく時間がかかったんですよね~。
“花ゲリラ”って輩がいるようで、道ばたとかに種を植えるようなんですが、
まさか山でそういうことをやるなんて事はないですよね~。
鳥の糞に混じってたのかなぁ。

投稿: こー | 2009年5月 2日 (土) 15時52分

こーさんもそういう経験されているのですね。

果実系は鳥が運んで糞から種子が発芽しますが、
スミレもナデシコもシラーもそういう植物ではないので
食べる鳥はスズメやヒワなど種子食性の鳥でしょ。
という事は目的の種子は消化しちゃうことになり、
生えてこないんじゃないかなー・・・

シラーなんかは人為的な移植くさいですね。
ナデシコって言えば、マンテマの仲間には新手の帰化種が
次から次から現れるので、
意外と都市や港湾で新しいのが見つかったりするようですね。
これはぜーんぶ、人間の仕業です(笑)

にしても、花ゲリラとは困ったもんだ。何考えてるんでしょ!?

投稿: ぐりお | 2009年5月 3日 (日) 00時53分

有難う御座いました。
大変、参考になりました. 

投稿: 流水・紫雲 | 2014年4月15日 (火) 17時17分

流水・紫雲様
はじめまして。ご丁寧に足跡を残して下さり、有り難うございます。
そちらのサイトも拝見しました。キノコ、面白いですよね〜!
難しくもありますが・・・(笑;)

またぜひ、お気軽に遊びにいらして下さい。

投稿: ぐりお | 2014年4月19日 (土) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/29392264

この記事へのトラックバック一覧です: どこのドイツ?:

« Kの植え替え2 | トップページ | 谷間の星は昼に咲く »