« 暫定的部分開園 | トップページ | 邪魔なのか、見せたいのか? »

木の白い小花リレー

ってなんかまんまなタイトルになってしまいましたが、
まあそういうことです(笑)
庭の木は主としてクヌギやコナラなどどんぐりの木で構成していますが、
その間や枝下のスペースに植える樹種は、
初夏に白くて小さい花を咲かせる樹種を揃える様にしました。
それは、花の香りが強いものが多く
鳥を呼ぶ可愛い実を付け(人間も食べられるものが多いです)
そして、私の愛する訪花性甲虫を沢山呼ぶことが出来るからです。

白い小花のリレーは4月のオトコヨウゾメから始まりますが、
この頃はまだ気温が低く、
寒がりな訪花性甲虫たちは姿を見せてくれません。
先週掲載したヒョウタンボクも多くの昆虫がやってきますが
甲虫は見かけたことがありません。

彼等が最初に大挙して現れるのは写真のカンボクの花からです。
正確に言うとキミノカンボク、カンボクの実は赤く熟しますが、
これは実が黄色く熟す変種です。
普通のカンボクもあるのですが、今年はどうも花付きが今ひとつ・・・

写真に写っている昆虫はハナムグリの仲間で、
左のグリーン地の2匹がコアオハナムグリ、右の黒い方が、クロハナムグリ。
コアオハナムグリは非常に数が多く、都市部でも見かけることがありますが
クロハナムグリの方はどこへ行ってもコアオハナムグリほど多くはなく、
比較的少ない種類です。
私はどちらも大好きでして・・・
彼等が現れると、もう嬉しくてたまりません。
彼等を沢山観察するには、晴れた日の午前中が絶好、
午後になると、ヒラタハナムグリはいますが、
他のハナムグリはぐっと少なくなります。

これからリレーはウツギ、コゴメウツギ、イボタ、ガマズミ、エゴノキと
しばらく続きます。ですから午前中がきれいな晴天になると、
子供の頃の自分の顔をした悪魔が頭の中ではしゃぎ回って、
仕事の邪魔するのでした(笑)

Hanamugurikanboku

|

« 暫定的部分開園 | トップページ | 邪魔なのか、見せたいのか? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/29587808

この記事へのトラックバック一覧です: 木の白い小花リレー:

« 暫定的部分開園 | トップページ | 邪魔なのか、見せたいのか? »