« 紫溝酸漿 | トップページ | 蛾の美しさ4 -白燕枝尺- »

池の初夏2009

昨日って夏至でしたね。
当地での日の入りは18時58分。ほとんど19時です!
ちなみに日の出は4時26分。長っ!!
しかし、昨日も今日もそんな日の長さを実感できないお天気ですね。
太陽光発電も一日の発電量が4kwを下回る日が続いています〜。
今日も一日小雨模様で、
空気は限界じゃないかと思うほど湿り気を帯びていました。
こんな日は外を眺めながら「やっぱり地球は水の惑星だぁー」
なんて思ってしまいます。
晴れると「光の惑星だぁー」・・・なんですけど(笑)

池の定点撮影も梅雨らしいびしょびしょモードです。
スイレンが元気です。ノハナショウブも頑張ってます。
画像ではわかりづらいですが、
あちこちでホタルブクロもだいぶ咲き始めました。
池の中の右手よりにヒメガマが少々生えていますが、
こちらもよ〜く見ると花を咲かせているのがわかります。

5月に大量浮出を確認した後、順調な生育を紹介したゼニタナゴの稚魚は
その後もすくすくと育ち、もう以前の様に水面直下を泳ぐ姿を
見せてくれなくなってきました。
水深20〜30センチの層を泳いでいるようです。
ここ数日、池でも水路でもオオシオカラトンボの羽化が続いています。
シオカラトンボやノシメトンボも連日羽化しており、
トンボの世界は夏の種類が出揃う時期になりました。

5〜6日前からでしょうか。夜になると、
庭のあちこちからヂィーッという弱い声が聞こえています。
おそらくマダラスズ、シバスズといった小さなコオロギの仲間でしょう。
これを皮切りにほんの少しずつですが、コオロギの仲間も増え始めます。
早くも短くなり始める昼の長さに合わせる様に
季節はこっそりと秋に向かっているのですよね。
え、早過ぎます?失礼、夏至を過ぎて日が短くなり始めると
何だか寂しくてねー・・・(笑)

今年は木々の緑が濃くなるのが早かったですね。
昨年は6月19日に同じ様な定点撮影の記事を紹介しているのですが、
その画像と比べても植物の成長は今年の方が全体的に進んでいます。
去年は4月〜6月が低温でしたからね。
クヌギの樹液も早く出始め、コクワガタが沢山見られますが、
ノコギリクワガタとカブトムシはまだ登場していません。
ヘイケボタルは例年通り、ポツポツと夜の池畔を照らしています。

Ike2009shoka

|

« 紫溝酸漿 | トップページ | 蛾の美しさ4 -白燕枝尺- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
なかなか天気が回復しないですよね~。
こちらも朝から雨が降ってます。
私、ホタルって見たことがないので是非実物を見てみたいんですよ~。
ほんと何度も書くのですが、近所だったらお酒を片手にホタルで一杯って
出来るのにね~。

投稿: こー | 2009年6月23日 (火) 06時08分

どもですー。
こっちは今日は午後から晴れ、暑くなって来ました。

ホタルで一杯いいですね〜・・・ノリ的にはビールじゃなくって
やっぱりサラリとした美味しい冷酒でしょうね。
とれとれのアスパラガスやこの時期なら・・・
ホタルイカなんかを肴にしてねー・・・(唾;)

おいでいただいたら、やはりとれとれのジュンサイを
三杯酢にしてお出しするのですけど・・・
いつか実現するといいなあ。

投稿: ぐりお | 2009年6月23日 (火) 14時42分

そうですよね~、いつが実現するといいですよね~。
あ~、何年か前の茨城出張以前に知り合っていれば・・・・・。
当時はライフインってホテルに泊まって
土浦の駅裏のネオン街で一人で飲んだくれてました。(爆)
日本酒ならこちらの地酒の男山を持っていくよ~。

そうそう、トンボをこちらでも見つけました~。
名前は分かりませんが。(自爆)
青の金属光沢のイトトンボです。

投稿: こー | 2009年6月24日 (水) 07時11分

「男山」!昨年S洋ラン園の園主が遊びに来てくれたとき、
持参してくださって・・・美味しかった〜。
まさにホタル酒だったんですよー。

こーさん、いつか実現しましょう。
それでも、これほどの距離がありながら
もしも近くだったら・・・なんて身近な雰囲気でやり取りが出来る
ネットの魔法に感謝してます!凄い事ですよねー。

土浦はですねー、駅裏だったら平気だけど、
もっと奥まで入ると結構ヤバいぞー(笑)・・・いろんな意味で。

青い金属光沢のイトトンボってなんだろー?
「青い」のも「金属光沢」のもいるけど、「青い金属光沢」って
案外わからないですねー。ルリイトトンボとかオゼイトトンボかなあ。
ハネが黒や透けた茶色(=カワトンボの類い)ではなかったんですよね。

投稿: ぐりお | 2009年6月24日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30233093

この記事へのトラックバック一覧です: 池の初夏2009:

« 紫溝酸漿 | トップページ | 蛾の美しさ4 -白燕枝尺- »