« 日本のレースフラワー? | トップページ | 雀蜂2 »

アゲハはどこに

昼前まで雨が残ったものの午後2時頃からクワッと晴れました。
ふいのお日様の眩しさに、モグラの気持ちになりました(笑)
雨に打たれうつむき加減の草花も嬉しそうでしたー。
晴れると昆虫も一気に活動を開始します。
特にチョウやトンボなど、濡れるのが嫌いな「飛ぶのが商売」な昆虫は
雨上がりの晴れ間になるとこんなにいたのかと思うほど目に付きます。

今日の夕方もそうでした。
シロチョウの仲間、ジャノメチョウの仲間、シジミチョウの仲間など
庭のレギュラーメンバーが忙しく飛び回っています。
しかし・・・しかし、例年ならこの季節には頻繁に現れる
アゲハチョウの仲間がどうしたことか、今年は少ない様に思います。
勿論全く見ない訳ではありません。いることはいます。でも少ない・・・

毎年この時期になると、井戸の側に植えてあるユズの葉が
アゲハの幼虫に食べられ穴だらけになります。
しかし、今年は一粒の卵も産卵されていません。

写真の花はサンジャクバーベナ、クマツヅラ科の宿根草で、
庭に植えられる他、野外逸出して空き地や道ばたで見かける事もある花です。
この花はもう少し遅れて咲くブッドレアと同じく、
チョウを寄せる花として知られています。
ゆえに我が家では園芸植物の一角に設けたバタフライコーナーに
このサンジャクバーベナを植えています。
例年だとサンジャクバーベナの花を目ざとく見つけたアゲハが
すぐにやって来るのですが、今年はまだそんな光景を目にしていません。

アゲハの仲間は確かに春よりも夏に、爆発的に個体数が増加します。
これからぐっと増えて来るのかも知れませんが、
しかし夏の成虫は今、幼虫の姿で食樹にくっ付いているはず、
穴ひとつないユズの葉と、
どこか寂しそうなサンジャクバーベナを見ていたら
なんだか少し心配になって来ました。

Sanjakubabena0906

|

« 日本のレースフラワー? | トップページ | 雀蜂2 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

いよいよ鬱陶しい梅雨入りですね。
こちらは「梅雨」というのはないですが、前線の影響を受け、やはり曇りや雨の日が多くなります。

ここ暫く、パッとしない天気のようです。
でもこれは梅雨前線の影響ではないのでしたっけ?

昨日は晴れ間を愛しむように蝶も飛んでいたようですね。
あぁ〜、でも蝶…。
うちはね、先日貰った芽キャベツの苗を2つ植えましてね。(今季、1つ残っていた尺2の鉢に2苗植え。)
三日程前、葉の裏をチェックしたらモンシロではない、何かの卵が固まって!
蝶でもなさそうですけどねぇ。
小さい苗なのに、あんなの孵化したら…丸坊主…。
その場ですぐに除去しましたけどね、危なぁ〜(笑;)
妻も娘も(私も)芽キャベツが成っているのを見た事ないから期待を背負っているわけで…。
気が抜けません(汗;)

長くなったついでに
茄子は順調…と言って良いのか?
まだまだ小さいです。
どの程度、収穫出来るのか…。
ハスカップは鉢植えでもモリモリですよ。
結実も昨年より確認できましたよ♪

投稿: 太郎 | 2009年6月12日 (金) 10時37分

太郎さんどうも!
そうかー、梅雨がないんでしたよね、そっちは。
羨ましいけど、梅雨があると梅雨明けってのもありますから
あれがまた嬉しかったりしてね。(負け惜しみにしか聞こえませんな:笑)

キャベツに卵がかたまって・・・ですか。
そうですねー、そりゃモンシロチョウじゃないっすね。
ガの仲間か、カメムシか、あ、この時期よくあるのがテントウムシの卵。
艶っぽいまっ黄色でつんと縦長じゃありませんでした?
だったら、アブラムシを駆除する天敵農薬です。

ハスカップよかったですね〜!
こちらも超辛唐辛子の目が無事に出て来てひと安心ですー。

投稿: ぐりお | 2009年6月12日 (金) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30058557

この記事へのトラックバック一覧です: アゲハはどこに:

« 日本のレースフラワー? | トップページ | 雀蜂2 »