« くじけそうな中間報告(笑;) | トップページ | エアロダイナミックス »

メダカは守れるか?

むわっと蒸し暑い一日でした。
最低/最高気温は18℃/27℃、
梅雨の中休みらしいといえば・・・らしいかな。
今日は仕事の打ち合わせで筑波山麓にでかけました。
写真はその帰りがけに撮影した改修直後の水路のカットです。

じつはここ、以前はメダカが沢山いた土の岸辺を持った水路だったのですが、
昨今ありがちなさまざまな背景のもと、コンクリート三面張りの
ぴしっと美しい(笑)水路に生まれ変わりました。
ただ、工事を進めた当局としてもメダカ等の生息は気にかけていて、
地元の環境NPO、つくば環境フォーラムと連携して、
三面張りでもなんとかメダカの生息環境を保全する形に・・・と
保全の手だてを講じていたところです。

具体的には、水路の幅が通常より広い1200ミリです。
最低限これだけの幅を確保できていれば、中に抽水植物を植栽して、
メダカの産卵場所や稚魚のシェルタースペースを設けられるという訳です。
抽水植物は、根張りが良く横に広がるアシカキやクサヨシとし、
木製の沈床コンテナにまとめて左右の岸に互い違いに配置し、
流れを緩やかにするというもの。

今日は春早くに植え付けた抽水植物の様子を調査するというので、
ちょいと同行して見せていただきました。
ところが、行ってみると殆どのコンテナは枯れ果てて悲惨な姿に・・・
ごく一部に残った順調なコンテナを見ると、原因は一目瞭然でした。
写真の中程の水辺に並んでいるのが、生き残ったコンテナです。
高くなった両岸の雑草の様子にご注目ください。
お分かりになるでしょうか?コンテナが生き残った部分だけは
左右のどちらの岸も雑草が青々と育っていることに・・・
それ以外の部分は除草剤が撒かれていて、草が黄色く枯れ掛かっています。

除草剤が水路内の植物に直接撒かれたのか、岸を覆いかけた雑草から
滴り落ちたのか分かりませんが、見事なまでに影響を受けています。
これではメダカの保全どころではありません。
しかし、当局の担当は、農家に除草剤を使うなとは言えない、と言います。
それは当然ですよね。今や除草剤の活用は高齢化が進む稲作農家の
代表的な省力手段なのですから。
私の様な生物多様性がどうのこうのと行っている人間から見ると、
もう少し自然との折り合いをつけられる農業が
理想的に見えてしまうのですが、今や農業は収穫目的のために
どれだけ環境を効率よく改変するかという方向に
進まざるを得ない現実があります。

以前、県北部の城里町で
農家のじいちゃんに刈払機ではダメなのかと聞いた事があります。
収穫までの出動回数が違うそうです。刈払機だと毎月やっても追いつかない、
しかし、除草剤なら2〜3回で済むそうです。
「こった年寄りのオレらがやるしかねんだもの。
オレらでも出来るやり方にするしかあんめな。
せがれらに安心して米作れっていえねえんだからな。
ここだってほんたぁ作んぢゃねえって、御上さ言われてんだがらよ。」

・・・これが突きつけられている現実です。

Ozone_josouzai

|

« くじけそうな中間報告(笑;) | トップページ | エアロダイナミックス »

意見がある人〜ハイ、ぐりお君」カテゴリの記事

コメント

農業の高齢化・省力化・求められる食の安全(無農薬・低農薬)&安定供給&低価格・農家の方の安定収入・農薬に関して環境への配慮

一筋縄ではいきませんね。
と考えているだけで行動もしない私は考えていないのと同じか。

投稿: 太郎 | 2009年6月26日 (金) 09時35分

太郎さんどもです。
じつは消費者が明日にでも実践でき、
大きく農業の流れを変える事ができる行動が
ひとつあるんですよねー。

それは、見てくれではなく、
本当に安全で美味しい農産物を誰もが選ぶ事!
これは考え方をチェンジするだけで、
一切の痛みを伴わない改革なんですよ。
これだけで農薬、流通、安全性、収穫ロスなどの問題が
大幅に改善します。
消費者は売り手のせいにしがちだけど、
流通販売はニーズに応えているだけですからね。
やはり消費者でないと変えられない部分だと思います。

あと、地産地消もだいじかなー。コストマイレージや農家の方の
モチベーション(やりがい)、消費者の正しい価値観の形成の面からも
小さいサイクルがもっと奨励されるべきだと思います。

投稿: ぐりお | 2009年6月26日 (金) 23時41分

そうですねぇ〜、確かに確かに。

妻は元々、「折角、農産物に恵まれた土地なんだから地場の物を。」とお米やら野菜は買っております。
こんな近くに実践している人がいましたです(笑;)

投稿: 太郎 | 2009年6月27日 (土) 11時41分

そうですね!太郎さんのところは、ホントに恵まれてますしね。
あ、ちなみに沿岸の海産物を摂食消費することも、
河川や沿岸域の栄養物質をめぐりめぐって回収する事になり、
浄化行動になり得るんですよねー。

それにしても、奥様エラい!!

投稿: ぐりお | 2009年6月27日 (土) 21時48分

はい(笑;)
出来の悪い夫には出来の良い…。
やはり上手くバランスが取れているものです(爆)

投稿: 太郎 | 2009年6月27日 (土) 22時34分

太郎さんご馳走様です。
今日は事情で夕飯を簡単に済ませたもので、
少々小腹が空いていたところでした(爆)

あ、でもお腹いっぱいになっちゃったので、
デザート(お嬢様ネタ)の方は今日はいいです(追爆)

ちなみに、うちも明日は地元の食材で一日過ごしまーす。
(先日S社長に貰った巨大ナスとバナナマンゴーも
美味しくいただかなきゃ:笑)

投稿: ぐりお | 2009年6月27日 (土) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30280912

この記事へのトラックバック一覧です: メダカは守れるか?:

« くじけそうな中間報告(笑;) | トップページ | エアロダイナミックス »