« 池の潤夏2009 | トップページ | ヒメガマは規模縮小 »

不食芋の花

全国的に天気がぎくしゃくしてるみたいですね。
今日は当地は主に曇りでしたが、朝方まではやや強い雨でしたし、
午後は晴れ間も多かったです。
で、南風は今日もやや強く吹きました。
このところずっとこんな感じです。
雨は降るのですが、量的にはぜんぜん追いついていない気がします。

写真はクワズイモの花。
いかにもサトイモ科ですって顔つきですね。
花びら状に見えるこの仲間特有の仏炎苞は薄緑がかったクリーム色で
あまりぱっとしないのですが、
それが包んでいる雄花序は先端が尖るでもなく丸まるでもなく、
しなやかな女性の指先のようなラインで、
いつ見てもきれいな形だと思っています。

付け根側から雄花が開き花粉を落とし始めていて、
下の方に溜まってしまっています。
これより下の緑色のロールの中に雌花序がおさまっているのですが、
我が家での栽培下ではこれほどの花粉があっても、
受粉して果実がなることは滅多にありません。
自家受粉はしないのか、適切なポリネーターがいないのかは不明ですが・・・

このクワズイモ、じつは実生で育てた株なのです。
もう10年くらい前、石垣島のバンナ岳の麓を散策しているとき、
果実が熟しているのを見つけてタネを8粒貰ってきたものです。
この植物は思ったよりも発芽率が良くて、8粒全てが発芽し、
今では大鉢にやっとおさまる巨大なインドアグリーンになりました。
ただ、ホームセンターなどで売られているクワズイモより
ずっと光を好むので、夏場は外に出して直射光にガンガン当てています。
つやつやとした濃い緑の間から覗くこの花を見ると、
また南の島に行きたくなってしまいます(笑)

Kuwazuimohana

|

« 池の潤夏2009 | トップページ | ヒメガマは規模縮小 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
やはり自家受粉は難しいのでしょうか。
実はうちもクワズイモ育ててますが、初めて花が咲きましたが実はなりませんでした。
100円ちょっとで買った極小苗が大きく育って花を咲かせてくれただけで感動ものでしたけどねー!
http://blog.kochan.com/tag/%A5%AF%A5%EF%A5%BA%A5%A4%A5%E2

投稿: Kochan | 2009年7月30日 (木) 02時02分

Kochanこんばんはです。
そちらのクワズイモも拝見しました。
随分元気良く育っているようですね。
Kochanの環境はなんだか採光が良さそうだから
ちょうど居心地がいいのかな。

そうですかー、ミニ観葉の苗から・・・
お互いちちゃいところからスタートしましたねえ!
確かに、株が成長してこん警部が長く立ち上がって来るのを見ると
よくぞここまで・・・と感慨もひとしおですね。

投稿: ぐりお | 2009年7月30日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30753054

この記事へのトラックバック一覧です: 不食芋の花:

« 池の潤夏2009 | トップページ | ヒメガマは規模縮小 »