« 人気「羽化」スポット | トップページ | 夏茜 »

初夏から夏への桃色

今日も暑くてしんどい一日でしたね。
南からの湿った強い風がありましたが、暑さの方が勝っていました。
今日から4日続きの野外調査。朝から夕方まで出ずっぱりですから
庭の様子をゆっくり見る時間がとれません。
写真が撮れるのは朝か夕方に限られます。

という訳で今日は夕方遅くに撮影。
ちょっと暗い中ですが、桃色の花は浮かぶ様に咲いていました。
日本の原種ゲラニウム、タチフウロの花です。
典型的なフウロソウの花ですが、
身近にある同じ仲間のゲンノショウコにくらべずっと大きく、
直径3センチほどになります。
5枚の花弁には中心部からまるでボールペンで書いた様にハッキリとした
濃い紅色のラインが入ります。
よく見るとこのライン、レリーフ状に浮き彫りになっています。

タチフウロは山地から山麓にかけての草原に見られるフウロソウで
もっと高い場所に生えるハクサンフウロやアサマフウロは
自生環境に行けば案外多数見られますが、
低山地のちょっとした草原は開発などに遭いやすいためか、
タチフウロを見かける機会は近年ずいぶん減った様に感じます。

我が家の株はお世話になっている
土浦在住の植物の先生からいただいたもの。
うまく庭に居着いて、少しずつ実生株も増えています。
毎年薄桃色のこの花が咲くと、少しずつ梅雨明けが見えて来ます。
そしていよいよ梅雨明け目前という頃にピークを過ぎ、
周囲に生えているもうちょっとだけ桃色が濃い、
カワラナデシコとしばしのデュエットを見せてくれます。
その頃には、私の大好きな果物の桃もだいぶ出始めるはず。
海に行って、花火もやって、お祭りにも出掛ける
短いけど楽しみな夏の頂点です・・・

Tachifuuro2009

|

« 人気「羽化」スポット | トップページ | 夏茜 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30533809

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏から夏への桃色:

« 人気「羽化」スポット | トップページ | 夏茜 »