« 食べるか見るか | トップページ | 梅雨の穀倉地帯 »

謎多き糞虫?

私は子供の頃から虫が好きでしたが、小学生時代といえば、
やはり夢中になっていたのは甲虫です。
チョウもトンボも好きでしたけど、甲虫は特別。
体が丈夫なので持っても掴んでもその感触を確かめる事が出来るし
ケースにとじ込めて持ち帰っても傷んで可哀想な事にならないし、
なんと言ってもカッコいいし・・・

ただ少し友達と違っていたのは
あまりカブトムシ、クワガタムシに限った関心ではなく、
形が面白かったり、色が美しかったり、生態が変わっていたりする甲虫を
もう夢中になって追いかけてしまうところでしょうか?
しかし出会いにはどうしても限りがあり、
図鑑で見て「この虫に会いたい!」と強く願いつつも
ついに叶わず長じてしまった・・・という種類も沢山います。

写真のコガネムシもそんな一種でした。
名前はムネアカセンチコガネ。センチコガネといえば、
ダイコクコガネやマグソコガネ、エンマコガネとならぶ代表的な糞虫。
あの有名なスカラベ(糞ころがし)にやや近いグループです。
ところが、ムネアカセンチコガネはセンチコガネと異なり、
糞をさがせば見つかるという種類ではありません。
本当は何を食べているのか、どのような繁殖形態なのか、
その生態の多くはいまだに謎に包まれているのです。
ただ、いろんな観察例から、
●芝地に好んで生息しているらしい
●分解の進んだ古くなった獣糞にいた
●地中にキノコの菌糸が多いところから見つかる
などといった断片的な情報が少しずつ見えてきています。

子供の頃から全国を転々としていた私ですが、
このムネアカセンチコガネを手にする事はずっと叶わぬ夢でした。
ところが、茨城に引っ越して来てからは毎年見つけています。
大抵は灯火に来た個体を拾うのですが、
今回は夕方庭をとことこ歩いていた個体です。
当地では決して多いとは言えないものの、毎年数個体は必ず見かけます。
しかしそこは謎に包まれている虫らしく、「何かをしている」ところには
残念ながら一度も出くわしてはいません。やはり謎の虫です。

それにしても、丸くて可愛いでしょ。
写真の個体はオス。
オスの頭部には「突起」と表現してしまいそうなごく小さな角があるんです。
胸部背面にも独特のでこぼこがあり何だか恐竜みたいです。
前脚がギザギザしている理由はカブトムシやクワガタ虫と同様、
土や腐植をかき分けて潜るための構造です。
後脚を翅の縁に擦りつけて「シャアッ、シャアッ」鳴く様な音を発します。

丸くて毛むくじゃらで角があって橙と黒のきれいなツートンカラー・・・
やっぱりこの虫、魅力的です。

Muneakasennchiclip

|

« 食べるか見るか | トップページ | 梅雨の穀倉地帯 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

内容とまっっっっったく関係ないですが、ナスに一番花出てきました♪
♪o(^∇^o)(o^∇^)o♪

この地域で加温せず、種蒔きから…(泣)
わんさか採れないとは思いますが、チャレンジして良かった!
貰った芽キャベツの苗はナスを遥かに越していてヤバい…(汗;)
手抜きして尺2の鉢に2本植えちゃって…モコモコ…もうイジレナイ…。

ホントにオジャマなコメント…人様のブログに我が物顔の太郎より(爆)

投稿: 太郎 | 2009年7月 3日 (金) 11時32分

ウッ、ホントにまるで関係ないなあ(爆)
無理矢理でもいいからもうちょっと絡ませる様に・・・

ナスは収穫期が長い植物だから、
これからロングランなお楽しみですね。
一発目はやっぱ漬けるのでしょうか?汁の具かなあ・・・
焼いたりてんぷらにしたりは、
ペースが出来てきてからがいいですよねー。

投稿: ぐりお | 2009年7月 4日 (土) 00時48分

 なんか、サイに似てますね。ちびなのにおしゃれでカッチョい~。
 このムネアカセンチコガネッて菌糸と関係あるんですか?
その菌糸が成長して何のキノコになるのかにも興味湧きますね。
獣糞ならなんでもって事ではなく、【特定菌糸による分解が進んだものが好き!】
とかだったら、面白いな~って。
ところでぐりおさんのお宅の庭・・・落し物だらけじゃないですよね?A^^;)
 先日会社の敷地脇で青紫色に輝く綺麗なセンチコガネを見つけました。
綺麗だな~って思わず手に取ってしまってから、ヤツがその直前までどこにいたのかを
想像して、ちょっぴり内心ひるんでしまったくわでんでした。(^^;)ゞ

投稿: くわでん | 2009年7月 4日 (土) 19時24分

くわでんさんどーもです。
そうそう、サイとかトリケラトプスみたいなかっこ良さがありますよね。

こいつおそらくね、なんでもって訳じゃないんだと思いますよ。
比較的新しいネズミの糞に来たという報告もあるようですけど、
やっぱりとにかく謎が多い虫です。
ひとつ思うのは、シデムシでもエンマムシでも食糞性コガネでも同様ですが、
糞や腐敗物に来る虫にはたいてい赤褐色のダニが多くついていますが、
ムネアカセンチコガネではそういうダニを見た事がありません。
だから基本的に食性が違うんだと思います。

センチコガネ、キレイですもんね〜
つい・・・という気持ちも分かります!
でもおててはよく洗っておいて下さいねー(笑)

うちの庭は、「だらけ」じゃ無いけど時々ありますよ。
ネズミ、タヌキ、イタチが多いですね。
家のすぐ側だとアマガエルやヤモリもあります。
そんなちっちゃな落とし物にも、
たまにエンマコガネ類が来ているのを見かける事があります。
自然はゴミを出さずに物質をみんなで循環させている・・・エライです!!

投稿: ぐりお | 2009年7月 4日 (土) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30375515

この記事へのトラックバック一覧です: 謎多き糞虫?:

« 食べるか見るか | トップページ | 梅雨の穀倉地帯 »