« トンボのからだ | トップページ | 赤い原種サルビア »

姫睡蓮の花

台風9号が大暴れですね。皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?
西日本では何人も亡くなる被害になってしまいました。
来る事はわかっていたのですが、
今回のはそれでもやや奇襲っぽい感じだったでしょうか。
予想以上の早さで・・・とか、予想を上回る量で・・・
という声が多く聞かれました。
明日はこちらに近づくため、当地もお昼に掛けて豪雨の心配があるようです。

写真はヒメスイレンの花、直径4センチ足らずの小型スイレンです。
この株は熱帯魚屋さんで水槽栽培用の株として売られていたものを
外で健全に(?)日光を当てて栽培したら咲きました。
アクアリウムプランツとしての名前は「タイニムファ」でした。
意味は、まんまタイのスイレンということです。

アクアリウムプランツとして水草水槽で不健全に育てているときは
(↑こういう表現をすると水草水槽ファンに怒られそうですが:笑)
紙みたいに薄い葉でごく浅い黄緑色に紅色のモザイクが入っていました。
こういう栽培法では、もちろん何年作っても花は咲きません。

外の日光を浴びたタイニムファは見違える様な姿に変貌し、
ついに今回開花に至りました。
咲いてみると、「な〜んだ。これ、いわゆるヒメスイレンじゃん」
我が家の場合はこうなりました。
でも、タイニムファとして売られている植物は、
じつは単一の系統ではないらしいとの事。
しかし例外なく太陽の光が大好きな植物なので、
外で栽培すると正体を現します。ものによっては、
ヒメ(小型)じゃないかもしれないし、花が黄色や紫かもしれません。
耐寒性もあるものとないものが存在しそうな気がします。
我が家のもので見る限り、そもそも原種と限る訳でもなさそう・・・

私にはそんな栽培の余裕がありませんが、宝くじ感覚で
水草水槽用に売られているタイニムファやタイガーロータスを
外で栽培し、正体を暴くというのも一興かも知れません。
案外、見た事もない様な凄いスイレンに遇えるかも・・・

Himesuiren

|

« トンボのからだ | トップページ | 赤い原種サルビア »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

どもです。
タイニムファって同じ物ではないのかもしれないんですね~。
へぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇ・・・・・って
88へぇです。(古いな~。(笑))
どんな花が咲くのかなんか育ててみるのも面白そうですね。
あっ、でも機会があったらバナナプラントを夏の間だけ野外で育ててみるかな。
どんな花が咲くのかなぁ。
すっごく興味があります。

投稿: こー | 2009年8月12日 (水) 22時26分

こーさんども!
ね、面白そうでしょ。この企画。一緒にやってみます?(笑)
耐寒性が無いヤツだったら冬にどうするんだって?
ダーイジョブっ!葉を全部カットして水から上げてポリ袋に入れ、
春になるまで凍らない室内に置いておけば冬越し楽勝です。
(うへへっ、既に実証ずみなのです)
もちろん素焼き鉢に泥で植え込んでおくのが前提です。

バナナプラントですが、
じつは既にやってみたので答えを知っているのだ!(笑)
かわいいですよ。是非やってみてくださいー。

ところで、こーさんのブログに出ていた
ウッドデッキの写真を見てて思ったのですが、
周囲にいい空きスペースがありますねえ(笑)
デッキの縁って日陰の気温差が生じ、常に空気が移動しやすいので
あそこを帯状のロックガーデンにすると
けっこう難物が作れるかもしれませんよ。
もっともこちらでいう難物は、
そちらだと普通にできちゃうのかも知れませんが・・・(笑)

投稿: ぐりお | 2009年8月13日 (木) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30911057

この記事へのトラックバック一覧です: 姫睡蓮の花:

« トンボのからだ | トップページ | 赤い原種サルビア »