« よい通り名ですね | トップページ | 大きく強い水草でした »

「逢魔が時」の訪問者

今日は朝の最低気温が188℃、最高気温は25でした。
雲が多かったとはいえ一応晴天でしたから、この気温は随分低めです。
朝なんて脚先が冷えるくらいでした。
夕暮れの余韻も消えた今、降り注ぐようなアオマツムシの声に
また秋を感じました。

写真は先ほど撮影したものです。
これ、アシナガバチの女王がかいがいしく蛹の面倒を見て・・・
なんて呑気な絵ではありません。
このハチの巣は今月6日のブログで紹介したコアシナガバチの巣ですが、
ぶら下がっている一番大きいハチはヒメスズメバチです。
そして彼女が抱えているのはコアシナガバチの蛹。
蛹室の蓋を食い破って中の蛹をひきずり出したところなのです。
目的は、勿論幼虫のエサにすること、つまりヒメスズメバチが
コアシナガバチの巣を単身襲撃している現場です。

コアシナガバチは特に抗う様子も無く、じっと状況を静観。
まあ、この体格差ですから、とても勝ち目は無さそうですし、
アシナガバチはミツバチのような大家族ではないため、
こういう状況で戦って数を減らすより、今の働き手の数を維持して
また産卵・育児によって数を回復する方が現実的なのです。
奪われた蛹は背胸部の色が濃くなってきているので、
もう羽化を目前にしているのかも知れません。
見守るコアシナガバチたちも残念そうな様子に見えてしまいます。

しかし、襲った相手がヒメスズメバチだったからまだ良かった・・・
じつはヒメスズメバチも日本では大家族になれないスズメバチなので、
こういう場面で何匹もが現れ、
巣の蛹や幼虫を一度に根こそぎ奪うようなことは、ほとんどありません。
今襲っている個体から情報が伝わり、
また必要に応じて襲撃があるかもしれませんが、ないかもしれません。
これが他の種類・・・例えばコガタスズメバチやキイロスズメバチだったら
大挙して襲って来るので、巣が壊滅してしまう可能性が高くなります。

ところで、この襲撃を最初に発見したのは息子でした。
「アシナガバチの巣に、大きいのが1匹いるけど違う種類じゃない?」
これにピンと来たのでカメラを持って駆けつけ、
珍しい場面を観察できました。
彼は非常に怖がりで、庭に出るときはいつもハチの巣を気にしています。
いつも「まったく臆病でつかえんやっちゃ!」と思っていたのですが、
今回はそれが役に立っての観察となりました。
わからんモノですな・・・(笑)

Himesuzumeshugeki

|

« よい通り名ですね | トップページ | 大きく強い水草でした »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

 息子さん大手柄ですね!
おかげで珍しい瞬間を拝見する事が出来て、大感激。ありがとうございます。
 ほんとにヒメスズメバチがコアシナガバチの蛹をかき抱いてるように見えますね。
とんだ人攫い・・・いやいや、ヒメスズメバチも幼虫に与える貴重な餌ですから、
やっぱり大事にかき抱いているんでしょう。
 この巣はすぐ傍で尺取虫が寛いでいた(?)あの巣ですか?
大分増改築されてますね~。
大体どの位までアシナガバチの巣って成長するんでしょうか。
時々、まだ綺麗な小規模な巣が放棄されているのを見つけますが、
あれはやはり、スズメバチの襲撃を受けてしまったからなんでしょうか。
巣の放棄要因って、劣化の他にどんな事が考えられるんでしょう。
飼育が難しいものを定点観察するには、自宅庭ッて最適ですね。
 夏休みの宿題な~ンにも出来なかったので、
大手柄の息子さんの自由研究もチラッと拝見して参考にしたいくわでんでした。

投稿: くわでん | 2009年8月26日 (水) 21時17分

くわでんさんどうも!
私事ですが、ちょっと体調を崩してしまい、
なかなか熱が下がらないので今日のブログは明日
「まとめ書き」のズルをしようかと・・・
本当はさっき発熱外来を受けるまでは、
新型インフルだったらどうしようかと焦っていました(笑)
過労と風邪が重なったと言われてしまいました。トシかな〜(追笑)

この巣、あの巣ですよ。確かに増築が進みましたね。
私もどこまで細長くなるかな〜って見ています。
アシナガバチの場合、少し働き蜂がいるようになっても、
女王が巣をあけて働く事があるみたいで、そういう出先で女王が
事故に遭い、戻れなくなって巣がダメになるケースもあるみたい。
見てるとその年にもよりますが、襲撃の被害も多いですねー。
あんまり楽な生き物じゃなさそうですよ。
ま、そんなに楽な生き物なんてホントはいないんですけどね(笑)

投稿: ぐりお | 2009年8月26日 (水) 23時26分

あいや~、それはいけませんね。
どうぞお大事に。「トシ」だなんて・・・まだまだ~!

投稿: くわでん | 2009年8月27日 (木) 20時06分

くわでんさん、お騒がせしました。復帰です(爆)
いやー、まだまだ若いね!私も(大爆)
と、冗談はさておき、昨日処方された抗生物質の飲み薬は
めちゃめちゃよく効きました。おかげで一晩で平熱に戻りました。
副作用でお腹がものすごゆるいですけど・・・(追爆:失礼しました)

ご心配いただきありがとうございました。
しかし、やっぱりトシかも知れません。
ムリがきかなくなって来たとつくづく実感してますよー(苦笑)

投稿: ぐりお | 2009年8月27日 (木) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/31101818

この記事へのトラックバック一覧です: 「逢魔が時」の訪問者:

« よい通り名ですね | トップページ | 大きく強い水草でした »