« 待たれる羽化 | トップページ | チックリボート虫 »

ダイニングからの池

今朝もちょい寒で、寝ていて足先が冷えちゃいました(笑)
最低気温は18.5℃でした。曇りのち晴れのお天気でしたが、
午後からキレイに晴れても27.5℃止まり。充分我慢できる暑さでした。

写真は、一階のダイニングから見たさくら上池の様子です。
いつも池全体をアップするときは二階から広角レンズで見下ろした絵なので
だいぶ違った雰囲気に見えるのではないでしょうか。
これが食卓から見る池と樹木の風景です。
どうです、けっこう圧迫感あるでしょ(笑)
春と秋はまあまあいい感じなんですけどね。

もうちょっと樹木が成長すると、
今より1メートルくらい上まで下枝を落として林下の空間が出来るので、
少しは涼やかな雰囲気に変わるかも知れませんが、
そうなると幹も太くなるので、もう間伐の頃合いになってしまいます。
間伐した木の幹を原木に使って、キノコを栽培する予定なんですよー。
これが今から楽しみで・・・

窓のすぐ外にあるテーブルと椅子は、外の休憩と食事用。
夏以外は天気が良いとここで食事をするのですが、
夏はダメですねー。蚊取り線香三つぐらい焚かないと(笑)

朝早く、このテーブルの向こう端にカワセミがとまります。
何度かダイビングをして上手にモツゴを捕まえるのですが、
その間1〜2度、テーブルの上に糞をします。
魚食性の鳥特有の白くてバシャーッと広がる感じのヤツですが、
これをすぐに洗い流さなければならないのが少々おっくう。
でもこれが乾くと落ちにくいんですよね〜(泣)
ちなみにテーブルにとまるのは朝早くの訪問の時に限られていて、
昼間人間が動いている時間帯は
右奥に見える株立ちのハンノキの枝を定位置にしているようです。

この時期外を見ていて飽きないのは、
池の上でひっきりなしに追いかけっこをするトンボたちと、
ブッドレアを訪れるチョウたちです。
これで手前の方にきれいなお花がてんこ盛りだったりすると
ガーデニング的にはいいのでしょうが、生憎そちらの方はとんと苦手。
人が見たらただのぼうぼうな風景なんだろうなと思いつつ、
沢山の生き物たちと暮らすのが楽しくてたまらないので
やっぱり今後もこのままなのだと思います。

あ、でもせめてもうちょっと片付けてから撮影するんだった(笑)

Ike_from_dayning

|

« 待たれる羽化 | トップページ | チックリボート虫 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30794401

この記事へのトラックバック一覧です: ダイニングからの池:

« 待たれる羽化 | トップページ | チックリボート虫 »