« クール・ネイビー! | トップページ | 旅する白百合 »

香る温室

今日も秋口の様な陽気でした。(ま、暦の上では確かにそうなんですが)
日中は暑いのですが、朝晩が涼しくて、
今宵など、車を走らせていて気が付けば道ばたの草むらや沿道の立木から
ウマオイやらクツワムシやらの声が聞こえて来ました。
コオロギの種類もだいぶ増えて来ています。
このまま太平洋高気圧が張り出さずに本格的な秋に向かうのでしょうか。
いくら過ごしやすいとはいえ、ちょっと物足りない気分です。

今日は温室が香っていました。たぶん昨日からなのだと思うのですが、
昨日は温室に入っていないので気が付きませんでした。
こういうことはたまにあります。
我が家では数少ないカトレヤや、シンビジウムが咲いたときなどは
その香りに温室が包まれ、ちょっとした夢心地になります。
でも、リュウキュウハンゲが咲いたときなどは、
ハエを寄せる独特の腐敗臭に包まれ、すごーく不幸せな気分に・・・(笑)

今回は、何とも例え難い甘い香りでした。
香りの正体は写真の花。
これ、何の花だかわかりますう?

答えはグアバの仲間のキミノバンジロウです。
漢字で書くと「黄実の蕃石榴」、蕃石榴はグアバの和名です。
もともとは「ばんざくろ」だったんでしょうね。
学名を調べてみると、シノニム(異名同種)や園芸的混乱があり
どう表記しようか迷ったのですが
Psidium littorale var. lucidumとしておきます。
イングリッシュネームだとレモングアバ、とか
イエローストロベリーグアバなんて言うみたいです。
花の匂いも、そういえばちょっとレモンが入っているかな?って感じです。
でも、全体的にはとってもトロピカル〜な香りです。

花が二日目ということもあり、雄しべがちょっと萎れかけていますが
いかにもフトモモ科らしい花。あ、グアバって、フトモモ科なんです。
家人はこの科名に敏感に反応します。なんでかしら(笑)

うまく受粉していれば、数ヶ月でピンポン球より一回り小さな
レモンイエローのまん丸い実が成ります。
この実の匂いと味がまたなかなかよろしくて、
硬い種をきにしつつジューシーな果肉をいただくのが楽しみです。
ジャムやヨーグルトソースにすると大変美味しいそうですが、
まだ作った事がありません。
だっていつも数個ずつしかとれないんですもん。
耐寒性はけっこうあるようですから、
実付きを良くするため、大きな鉢に植え替えて
夏は外、冬は天窓のある仕事部屋の中という管理にして
大きく作ってみようかと考えています。

Kiminobanjirou

|

« クール・ネイビー! | トップページ | 旅する白百合 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

こちらも秋らしくなってきました。
昨日、義母と一緒に妻と娘が帰省より戻りましたので、待っていた茄子の収穫♪
娘と楽しい収穫をしました!
立派なのから小ぶりなもの15個程でしょうか。
お隣さんの子と約束していたので、本日お裾分け。

「太股」科(笑)の果実も良いですね♪
そのうち沢山実って、ジャムなどに是非してみて下さい。

腐敗臭の花は……(笑;)

投稿: 太郎 | 2009年8月16日 (日) 08時41分

太郎さんどうもです。
ナスの収穫、順調なようですね。
まだもうしばらく穫れるんじゃないですか?
一足早い秋の味覚ってことにもなりそうですね。

キミノバンジロウは、ジャムにするほど沢山ならないんですよ。
おそらくパフィオ環境の温室から出さないせいでしょう。
本来は実付きのいい植物のようですから。
多くのサイトや書物に実はいまひとつとか食べにくいとか
書いてありますが、個人的にはなかなか美味しいグアバだと
思っています。うちの子供も好きで、見つけるといつの間にか
食べられてしまいます(笑)

投稿: ぐりお | 2009年8月17日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/30973659

この記事へのトラックバック一覧です: 香る温室:

« クール・ネイビー! | トップページ | 旅する白百合 »