« 大きく強い水草でした | トップページ | 池の晩夏2009 »

もう一世代いきます

昨夜からの冷え込みは朝まで続き、今朝は16℃を記録しました。
今年は秋が早いと感じていましたが、ノートをひっくり返してみると
昨年の今頃も似た様な傾向でした。
一昨年は・・・と見ると、猛暑でした。
これだから気候変動の傾向というのは、
早々に結論めいた物言いが許されません。
気象関係の方が発言に慎重なのもうなずけるというものです。

写真はヤマトシジミ。庭に現れる中では最も小さいチョウです。
この個体はメスの夏タイプ。
雄が僅かにくすんだブルーの翅を持つのに対し、メスは黒。
それでも翅の中心に近い部分に、気持ち青い鱗粉がありますね。
もっと黒いメスもいます。
メスが黒いのは高温期・・・つまり夏場の特徴で、
秋遅くになると、雄よりも一層くすんではいるものの、
一応青い翅のメスが現れます。

そう、このチョウ、年に5〜6回の世代交代をすると言われているのです。
写真のメスも私が見つけたときは食草のカタバミに産卵中でした。
今は時期外れで小さく咲いたマツバギクで一服中。
このメスから産まれた子供が、いやひょっとするとその次の世代まで
今年の成虫として誕生するかも知れません。

よく似て後翅に微細な尾状突起(しっぽ)のあるツバメシジミや
オレンジが目立つベニシジミ、ヤマトシジミより一回り大きく
ブルーも冴えた感じのルリシジミも、年に数世代を繰り返します。
充分な数の食草が確保されていれば、
こうした短いライフサイクルで発生するやり方は
色々なリスクを回避するのに都合が良いのかもしれませんね。

Yamato_natsumesu

|

« 大きく強い水草でした | トップページ | 池の晩夏2009 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
年に数世代繰り返すなんて初めて知りました~。
私、固定観念だったんですが、なんでも年に一世代かと・・・・・・。
世代数は北海道ではやっぱり少ないのかなぁ。

体調はどうですか?
もう大丈夫?

投稿: こー | 2009年8月28日 (金) 06時22分

 ぐりおさんはじめ、多分皆様、無理が利かない御年頃・・・。
それでも一番無理をしなくちゃいけない御年頃なんでしょうね~。
でも、我らが世代には幼少の頃からエイトマンやソランやスーパージェッター、ブースカ・・・書き切れないほどの粒より応援団が揃ってますから
ダイジョブダイジョブ!
細胞も素早い世代交代で【まだまだいける!】ですよ~!

投稿: くわでん | 2009年8月28日 (金) 21時32分

>こーさんどもです。
業務連絡:着荷確認後メールしますねー。
と、あとコタヌキモラジャー!

うーん、真実を知らないので想像ですが、
やっぱりスリーシーズンが短いそちらだと
やっぱりヤマトシジミも一年のうちの世代数が多少減るんだと思います。

ご心配かけて申し訳ないです!
御陰さまで何とか復帰。でも新型インフルは
いよいよ来たって感じで、少々コワいですね。
お互い気をつけましょうね。

>くわでんさん
応援有り難うございます!でも、ちょっと話の方向は違うんだけど
最近無理したくてもそれほど仕事が集中しません(笑)
こっちの方が体調以上にヤバかったりして・・・
それにしてもムリはもうそうそうきかないんだと
しっかり自分に言い聞かせる必要がありかもです。

え〜さて、厳密に言うとエイトマンとかスーパージェッターは
私よりすこーし上の人たちになるのかなぁ?
ジャイアントロボ、キャプテンウルトラ以降あたりだとカブリます(笑)
高校時代がぎりぎりファーストガンダムですから・・・
帰って来たウルトラマンやアイアンキングなど
円谷特撮の全盛期が同時に私の子供時代の全盛期です。
懐かしいなあ!

投稿: ぐりお | 2009年8月28日 (金) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/31132573

この記事へのトラックバック一覧です: もう一世代いきます:

« 大きく強い水草でした | トップページ | 池の晩夏2009 »