« 片付けをさぼる?鬼蜘蛛 | トップページ | 殺気 -オオカマキリ- »

彼岸花2009

昨夜はすごい雨が降りましたが、一夜明けて秋の日和が戻りました。
今年もぽつぽつ曼珠沙華が咲き始めましたよ。
もともとは中国から渡って来た外来種だと言われていますが、
縄文時代には既にこの植物の鱗茎(球根部)を食していたとの説もあり、
いずれにしても相当に付き合いが古い植物のようです。

古くから人間とのいろんな関わりがあるため、
この花に寄せる思いや好き嫌いは、人それぞれにあると思います。
有毒であったり、宗教的な意味合いやお墓と重ね合わさるイメージから
この花を嫌う方も少なくないようです。
またそういう背景があると、この花のサイケデリックな美しさが
かえって仇になっているようにも感じられます。

昨年も書きましたが、私はこの花が好きです。
単体で見た時の繊細な造形美も、群落で畦やノリ面を彩る里の風景も
この季節ならではの楽しみになっています。

写真は庭に植えたヒガンバナ、ビオトープと菜園の境に植えてあります。
土があわないためかなかなか咲かず殖えずで来ていたのですが、
昨年あたりから殆どの株が開花する様になりました。
あとは殖えて密度が濃くなってくれると、群衆美が期待できます。
ただ、栗の木の下になった部分の株は、
この時期落ち始めるイガの直撃を受けることがあるのでちょっと可哀想。
なので切り花用はそこからいただくようにしています。

Higanbana2009

|

« 片付けをさぼる?鬼蜘蛛 | トップページ | 殺気 -オオカマキリ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/31355356

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花2009:

« 片付けをさぼる?鬼蜘蛛 | トップページ | 殺気 -オオカマキリ- »