« 旅立ち間近? -アサギマダラ- | トップページ | 実生で対抗 »

筑波山では久し振り!

今日はぱっとしないお天気でしたが、暑くも寒くもないというか、
人間が活動するのにはちょうど良いと言われる気温帯だったでしょうか。
ぐりおは朝から東京都内へ出掛けました。
「ビオトープ計画管理士 2級」の試験日だったのです。
手応えは・・・よくわかんないです。出来た様な自信が無い様な・・・
まあいいや。とりあえず帰りの山手線が確か1編成しかないという
開業当初のチョコレート色に塗られた電車だったのでラッキー!・・・かな?

さてさて、写真は昨日に続いて筑波登山で出会った昆虫です。
コンデジでパパッと撮ったのでいまいち見づらい画像ですが、
脚の付け根の方(腿節)が赤いのがわかりますか?
この特徴から名前が付けられた、その名もアカアシクワガタ。
人気昆虫のクワガタムシの中にあっては、ややマイナーな種類です。
平地で見かける事は殆ど無い山地性のクワガタで、
コナラやクヌギにミズナラが混じり始めるようなあたりからよく見られます。
関東の落葉樹林で言うと大体ミヤマクワガタとかぶる生息環境でしょうか。
しかし、ミヤマクワガタが夏場にしか見られないのに対し、
アカアシクワガタは10月になっても成虫の活動が見られます。

アカアシクワガタにはもうひとつの生息タイプがあります。
それは標高が1000メートルを超えるようなところの
ヤナギ類の多い河畔林や湖畔林です。
こういう場所だとヒメオオクワガタと混棲していることが多いようで
落葉樹林よりも生息密度が高い様に見受けられます。

筑波山では、以前は筑波山神社のあるあたりでも見かけましたが、
最近は見ることがとても少なくなりました。
写真の個体も随分久し振り・・・
筑波山で見たのはおそらく7〜8年振りだと思います。
以前はつつじヶ丘駐車場の自動販売機の灯りに飛んで来ているものを
夜にドライブに出掛けた際に拾ったものです。
筑波山に於いては、ブナと同様
温暖化の脅威にさらされている種類のひとつ。
何とか残って欲しいものです・・・

Akaashikuwagata_2

|

« 旅立ち間近? -アサギマダラ- | トップページ | 実生で対抗 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/31547298

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山では久し振り!:

« 旅立ち間近? -アサギマダラ- | トップページ | 実生で対抗 »