« レンゲの旅 | トップページ | 八溝山周辺の紅葉状況 »

温室の衣替え

Onshitsugaikan

10月最後の土曜日は、お天気は何とかもったものの
ハッキリしない晴れでした。最高気温は19.5℃。
でも、予報で言われていたほど午後から崩れなかったので
例年より半月早く温室の衣替えをしました。
我が家の温室は2.5坪の小さな小さな温室なのですが、
その中では一番大掛かりな、年に2回の作業です。

温室は春から秋までは75%の遮光ネットが掛けてあるのですが、
日が短く、光も弱い冬場はこの遮光ネットをはずし、
かわりにサニーコートという保温ビニールシートを掛けます。
弱くなった分光を積極的に入れ、保温して暖房の効率を高めるためです。

この作業、一人でもできないことはないのですが、ちょっと辛い・・・
そこで家人に手伝ってもらうのですが、大抵やっている途中で
機嫌を損ねられてしまうため、どうも頼みにくく
(私の作業指示がヘタだから・・・らしいです:笑)
毎年おっくうがっているうちに本当に寒くなってしまい
寒風に吹かれての作業にますますブウブウ言われてしまいます。
しかしなんと今年、彼女の方から「寒くなる前にやっちまおう」と
申し出があったではありませんか!
いったいどういう風の吹き回しか皆目分かりませんが、
とにかく気が変わらないうちに即行でやっちまいました(笑)

作業時間は30分あまり。毎年の事ですから、
お互い慣れて来たということでしょうか。随分早くなりました。
春にも逆の作業がありますが、こちらはあまり怒られた記憶がありません。
ビニールよりも遮光ネットの方が、風を通すため作業が楽なんです。
冬が去り、暖かくなってきたという事もプラス要因ですかね(笑)

上の写真の左が作業前(遮光ネット)右が作業後です。
屋根の向こう側に自動天窓が二カ所あるのですが、
ビニールカバーの際はこれを無視して覆ってしまいます。
冬場は天窓の開閉を殺してしまっても、二つある換気扇で充分なのです。

下は作業前と作業後の温室内の明るさを比較したものです。
夕方近くの作業だったため、作業後の方が外が暗くなっているのに
室内は随分明るくなっているでしょう。
それでも西日だけは避けたいので、西側面だけは内側から
50%の遮光ネットを掛けています。

これで施設の保温準備は完了、あとは乱雑な温室内を整理整頓せねば・・・
してからブログにアップすれば良かったかな(笑)

Onshitsunaikan

|

« レンゲの旅 | トップページ | 八溝山周辺の紅葉状況 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

「ちっちゃなちっちゃな」って…こっちはどうなるんですか(笑;)
屋外にはちょうどいい大きさですって!

うちも先日からヒーターの電源を入れましたよ。
日中は全面両脇を少し開け、夜間は閉め切ってます。
だいぶ朝晩は寒くなってきましたよ。

投稿: 太郎 | 2009年11月 1日 (日) 08時32分

太郎さんどうも!
いやー、やっぱ小さいですよ。
ランだけにしていけばいいのですが、キミノバンジロウ(グァバ)
やアビス、コンシンネなんかも入れてますから、
油断するとすぐにジャングルです(笑)
本当は5坪から10坪くらいが、一番効率よくて経済的なんだろうと
思うのですが、まず地ベタがないですからね・・・

予報でもそちらは、冷えて荒れると言っていた様な気がします。
人間も植物も風邪ひかない様にしてくださいね!

投稿: ぐりお | 2009年11月 1日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32017980

この記事へのトラックバック一覧です: 温室の衣替え:

« レンゲの旅 | トップページ | 八溝山周辺の紅葉状況 »