« レンコンの収穫 | トップページ | ポンプ槽の設置 »

ブルーシート敷設

台風18号、大きくておっかないですねえ。
2〜3日で近づいて来るようですから、要注意です。
今日は秋雨前線の北に広がる雲が北日本以外をすっぽりと覆っていました。
秋雨らしいシトシト雨の一日、気温も低くて少し肌寒かったでしょうか。

さて、写真の方は時々連載の池工事です。
これは2004年8月10日のカット。ついに穴が完成し、シートを敷設します。
使用するシートはご覧の通りのブルーシート。
よく意外だと言われますが、ブルーシートでも池は作れるのです。
ブルーシートの一番の弱点は紫外線による劣化なのですが、
上を土で完全にカバーしてあげれば驚くほど保ちます。

ただしブルーシートには織りの規格が色々あって
数字が大きいほど織り方が細かく丈夫なのですが、
ある程度の防水性を期待するならば、基本的には♯3000番以上・・・
できれば♯5000番以上のものが理想です。
ただし高規格のものほど厚手になるため、
複雑な形状にフィットする柔軟性は乏しくなります。
(でもって価格もぐんと高くなります)

さくら上池ではブルーシートを二重にしています。
まず♯3000番を下に敷き、♯1200番の薄いものでカバーをしました。
高密度で厚いシートで植物の根などからの外圧に耐え、
何かといじくる内側の表面に保護カバーとして
一般的な厚さのものを被せたのです。
シートのサイズですが、さくら上池では一般的に売られているものの中では
最大サイズの10m×10m(9.8m×9.8m)を使用し、
両奥の三角形に余った部分はカットしました。

堤体に付けた天板取り付けネジに合わせシートにハトメリングを打ち、
引っ掛けて固定、他の部分もハトメ加工し
ペグを打ち込んで固定しています。

基本的にはこれで土を被せれば池になっちゃうのですが、
今回は多少仕掛けをして流れや浅棚を設ける予定なので、
それらのパーツ作りも平行して進める事になります。

という訳で次回はポンプ槽の作成と設置です。

Ike0408101

|

« レンコンの収穫 | トップページ | ポンプ槽の設置 »

さくら上池のできるまで」カテゴリの記事

コメント

良いですなぁ〜!屋外プール♪
あっ、失礼…池でした(笑)

いや、うちの娘の遊び場に深さ、広さともに良さそうだったんで(爆)

いつもながらのコメントですが…敷地、やっぱりデカイですって!

あぁ〜…ぐりおさんとそのお庭でバーベキュー&ビールを楽しみたい(泣)

投稿: 太郎 | 2009年10月 6日 (火) 11時05分

太郎さん、実は当初は屋外プールしてました(笑)
うちの息子はここで泳ぎを覚えたんですよ〜!
娘さんが遊ぶのにはちょっと大きすぎるかも。
小学生なら5人ぐらいは入って余裕で遊べるかもしれません。

でも今ではジュンサイが繁ってきたので
すいすい泳げる感じではなくなっちゃいました。
それでも子供はジュンサイかき分け楽しそうに遊びます。
オニバス植えてたときは刺が痛かったらしいですが・・・(笑)

バーベキュー&ビールも楽しいですよ〜。是非来て欲しいなあ!
月見酒、花見酒、蛍見酒、雪見酒などなどもまたいいもんです。
この季節なら庭のテーブルにススキを飾って虫の音を聞きながら・・・
どすか?

投稿: ぐりお | 2009年10月 7日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/31657328

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーシート敷設:

« レンコンの収穫 | トップページ | ポンプ槽の設置 »