« クサボケの秋 | トップページ | シェンク♂、遂に始動 »

池の初冬2009

晴れたけれど空気が冷たくて、初冬らしい一日でした。
最高気温は何とか12℃まで達しましたが、つるべ落としの陽が暮れてからは
気温がぐぐっと下がり始め17:30で7℃、最低気温を更新中です。

今朝は庭が鳥で賑やかでした。
特にシジュウカラとメジロ。そろそろ鳥レストランの開店時期なので、
催促に来たかな〜(笑)
庭もだいぶ見通しが良くなりました。今回の雨と風で
まただいぶ葉が落ちましたから・・・

池の畔のガマズミはまだ赤い実が目立っていますが、
他の木がだいぶ食べられたので、そろそろ手(觜?)が着くでしょう。
このガマズミは場所の条件がいいので実も美味しいと思うのですが、
最後まで売れ残ります。やはり室内から一番良く見える木なので
鳥も人の目が気になるのでしょうか?

池の水温もぐっと低くなりつつありますが、
魚たちはエサを撒くとまだ大勢集まって来ます。
ミズカマキリやヒメゲンゴロウといった、
越冬目的の水生昆虫が集まり始めています。

今年はジュンサイの浮葉が枯れて分解される前に刈り取ってしまいました。
一緒に水面下でマット状の塊になっていたオオバナイトタヌキモと
混んだ部分のオオカナダモも除去したので、「水草の天井」が出来ず、
落ち葉がスルーで池に入ってしまいます。
池に落ちた落ち葉は数日間は浮いていますが、
充分に水を吸うと底に沈んでしまいます。
これをそのままにしておくと春の水温上昇期に底が低酸素状態になるので、
今のうちにさらっておかねばなりません。
この点ではちょっと管理が面倒になってしまいますが、
とりあえずこの管理法を試してみて、いつもの水草天井管理との
違いを見てみようと思います。

池からさらった落ち葉は集めた落ち葉の上に載せ、積んでおこうと思います。
そこを越冬に利用する生物もいるでしょうし、
来春以降の腐葉土作りにも役立ちそうですので・・・

クヌギの葉が黄色くなっていますが、例年に比べると今ひとつかな〜。
それでも、風が吹く度に数を減らす様子を見ていると
やっぱり名残惜しいですね(笑)

Ike2009shotou

|

« クサボケの秋 | トップページ | シェンク♂、遂に始動 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

 小鳥の話題がまた楽しみな季節になってきましたね。
 シジュウカラの夫婦は、今年は営巣してくれますでしょうか。
フクラシメドンもまた来てくれるかな~。

投稿: くわでん | 2009年11月19日 (木) 18時19分

くわでんさんどうもです!
シジュウカラですね、この時期でもかなり巣箱を気にしていますよ。
だから多分今度は営巣してくれると思うんですけどねー。

シメどんはもう少ししたら現れるはずです。
ジミーちゃん(アオジ)はもう来ていますよ。
ジョウビタキがまだなわばり確定していないみたいですが、
今年もオスがうちの庭を確保しそうです。

この鳥たちのお陰で、冬も寂しい思いをしないですみます。
かわるがわる訪ねてくれる鳥たちにはホント感謝ですよ。

投稿: ぐりお | 2009年11月20日 (金) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32262498

この記事へのトラックバック一覧です: 池の初冬2009:

« クサボケの秋 | トップページ | シェンク♂、遂に始動 »