« 温室の衣替え | トップページ | 雨に咲く地上の太陽 »

八溝山周辺の紅葉状況

曇っていたせいなのか、朝から温かでしたね。
そこそこ晴れた日中は最高気温は23℃まで上がりました。
ちなみに最低気温は12.5℃。
これは夜になって出た気温で、朝方はもっと高かったのだと思います。
日中はなんとかもってくれたお天気でしたが
夕方から雨が落ち始め、夜になって本降りに・・・
やや強い北東の風を伴った横殴りの降り方で、現在は少々荒れ模様です。

このところどうも仕事が土日に集中し、
11月に休みが取れる日曜日は今日だけなので、
今日は茨城県の北部に買い物&紅葉見物に出掛けました。
買い物といっても道の駅や直販所を巡る、
旬の野菜や山のキノコがお目当ての買い物です。

水戸インターで降りて、城里町から常陸大宮市を通り、
峠を越えて大子町に入りました。
上小川の駅の近くで国道118号に合流するのですが、
このルートだと袋田の滝に向かう車の渋滞に巻き込まれるのが心配でしたが、
お昼前という時間帯も幸いしたのか、
順調に滝の入り口も大子の町も通過し、
思惑通りの所要時間で今日の最も遠い目的地、八溝山山頂に到着しました。
八溝山の標高は1022メートル。
全く大した事ない標高ですが、これでも茨城県の最高峰!
ブナやダケカンバ、カラマツなども見られる紅葉の奇麗な山です。

この山には五名水といわれる湧水があり、中でも湧出量の多い
金性水(きんしょうすい)は手軽に汲めるよう整備されていて、
美味しい軟水。天然のものなので生水をそのままとは書けませんが、
この水を湧かして現地で飲むコーヒーは毎度のお楽しみです。
今日はちょうどカエデ類の紅葉がそろそろ見頃というあたりで、
温かさも手伝って軽装でも爽やかな山の空気を満喫できました。

写真はその金性水の近くで撮影した森の様子です。
赤い低木はハウチワカエデですが、真っ赤に色付いた葉と
まだ緑が鮮やかな葉が混在しています。
他にもイロハモミジ、ウリカエデ、ヒトツバカエデなどが
美しい錦を織りなしていました。
ここの紅葉が見られるのはせいぜい次の土日あたりまでで、
それを過ぎると一斉の落葉となりそうな感じでした。

八溝山を降りた八溝川沿いや、沿道の紅葉はまだ2〜3週間はいけそうです。
大子でも常陸大宮でも気になったのは、
まだカエデ類が紅葉のピークを迎えていないのに、
かなりいい色に染まって来たイチョウが多いこと。
今年はイチョウの黄葉がかなり早くなりそうです。

Kouyou_yamizo_1101

|

« 温室の衣替え | トップページ | 雨に咲く地上の太陽 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32032142

この記事へのトラックバック一覧です: 八溝山周辺の紅葉状況:

« 温室の衣替え | トップページ | 雨に咲く地上の太陽 »