« 昨日のお月様 | トップページ | ひと味違うカタツムリ »

腕の傷はオスの勲章?

みなさんのところでは雨、降りました?
今日は日立市の市民環境講座を担当するため県内をタテに移動しましたが、
帰りに石岡市を通過中、ぱらっと来ただけであとは曇りでした。
気温は相変わらず高いですね。最低・最高は12.5℃・20.5℃でした。
空気がどんどん湿り気を帯びてきましたから、明日は本格的に降りそうです。

写真は昨日玄関にあらわれたオオカマキリ。オスです。
あいかわらず「フン!」みたいな愛想のない顔してますね(笑)
この時期見かけるカマキリはまだ産卵していないメスが多いのですが、
このところ温かいせいか、昨日はオスを数匹見かけました。

写真のオスは気ままに散歩している風でしたが、
中には家の外壁で交尾している個体もいました。
その交尾を見ていて気が付いたのですが、メスの上に位置しているオスは
自分の前脚(=かま)をメスに噛ませています。
とりあえず前脚を噛ませることで、メスの口の動きを封じ、
それ以上のリスクを避けているようです。
・・・と、そこで気が付きました。写真の個体の前脚の傷についてです。

この傷、ひょっとするとメスに噛まれたものじゃないでしょうか?
じつは気になっていたのですよ。同じ様な前脚の傷を持つカマキリを
これまでも何度か見かけた事があるのです。しかも、全部オス!
傷の数は一カ所だけのものから、写真の個体のように
三カ所もついている個体まで様々ですが、ほぼ同じ様な傷です。
推測の範疇ですが、前脚をメスに噛ませるのは常套手段なのかも知れません。
しかも、生活に支障の少ない様、なるべく片方の前脚なのでは?・・・

写真のオス、左の前脚は実にきれいなもんです。
かまの先の方から枝分かれして出ている「跗節(=ふせつ)」も
しっかり残っています。
右の方は、鎌の曲げ伸ばしもあまり自由ではないようです。
跗節も一番付け根の節の途中で切れちゃってますね。
噛み傷は三カ所ですが、三回の交尾に成功しているオスなのでしょうか?

カマキリの交尾といえば、「オスが食べられてしまう」話が
一般に良く知られていますが、
実際にはその確率はそれほど高くないらしいですね。
頭部をメスに食べられたオスは一気に交尾行動が促進されるのだそうで・・・
そりゃそれで本望(?)なのかもしれませんが
できれば、食べられる事なく複数のメスと交尾した方が
より高い確率で自分の遺伝子を残せる訳で、
その方がいいに決まってますねー。

それにしてもこのオス、クールな顔して・・・やるねぇ!(笑)
う〜む、腕の噛まれ傷が男の本懐とは・・・
何とも艶っぽい話じゃありませんか。
「いよっ、この色男!!」

Ookamakiri_udenokizu


|

« 昨日のお月様 | トップページ | ひと味違うカタツムリ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32165395

この記事へのトラックバック一覧です: 腕の傷はオスの勲章?:

« 昨日のお月様 | トップページ | ひと味違うカタツムリ »