« スピード開花! | トップページ | 夜雨降霜の顛末 »

筑波山の鳥瞰イラスト

Tsukubasann_shokusei

お天気の変化が本当に小刻みですね。
今日は下り坂、予報の通り曇った割にはそれほど寒くありませんでしたが、
やはり明日は雨になるようです。
今月は太陽光の発電量がまだ
11月としては異例の低さ、まんま晴天率の低さを反映していますね。

今、筑波山の自然観察パンフレットに挿入する
筑波山の鳥瞰イラストを起こしていて、これがその試作品です。
南側から見た筑波山の鳥瞰イラストに、主な道路や登山コース、
そしてケーブルカーとロープウェイも落とし込んであります。

意外な事なのですが、筑波山のこういう絵地図ってほとんどありません。
もうちょっとざっくりディフォルメしたタイプはいくつか存在するのですが、
山の形状や場所の位置関係がリアルなものはどうやらまだないらしんです。

今回描き起こすにあたっては自分がいる位置や
行ってみたいポイントの標高がわかるよう、
100メートルごとの等高線を入れて、感覚的な目安になるようにしました。

とまあここまでは良かったのですが、どうせなので
主な森林相の垂直分布が表現できないかと、森林の塗り分けにトライ!
しかし難しいですね。パンフレットに説明として入る7つの森林は
上からブナ林、アカガシ林、モミ林・・・という具合に移り変わるのですが
このパッチのデータが揃わなくて困りました。
とくに麓の方のアカマツが松枯れで失われ他の林相に遷移したところと、
筑波山神社拝殿のあるあたりのスダジイの分布データが見つかりません。
いいかげんに描く訳にも行かないので、
次の会議で茨城県自然博物館の先生方に相談です。

筑波山の南斜面は近くに障害物が無いので、
大きく全体を捉えた写真撮影が可能です。
冬場は常緑樹と落葉樹がハッキリするので、写真を細かく解析しても
ある程度の植生の割り出しは出来そうな気がします。
完成までもう一息・・・がんばろっと!

●掲載のものは未完成ですので、植生を性格に反映していません。
 色などもこれから変更するのでアテにしないでくださいねー(念のため)

|

« スピード開花! | トップページ | 夜雨降霜の顛末 »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

筑波山の鳥瞰図、素敵ですね。
地図好きの私にとってはたまらない逸品です。

確かに、あまり正確なイラストって以前はなかったかもしれません。

北側から見た図もお作りになられるんですか?
そうしたら、完璧!ですね。

この図を眺めていたら、不遜なことを思いつきました。
「筑波山すごろく」も是非作ってくださいませ。
ふもとから、山頂までいろんなルートでたどり着いたら面白そうですよね。

先生が作られたら、とっても楽しいものができそうです。
学級閉鎖の長男と共に過ごしている私の、外出がままならない願望ですので、あまり気にしないでくださいませ。

投稿: mari | 2009年11月25日 (水) 19時42分

あらら、mariさんの息子さんのところも学級閉鎖ですか!
こちらも学級によっては二度目の閉鎖になっているところも出始めています。
まだこれから次のピークが来そうですし、
いよいよ例年の季節性インフルエンザも出没しそうです。
お互い予防を心掛けましょうね!

フフフ・・・さすが鋭いですねmariさん。
双六の企画も準備中だったりして(笑)もっともそちらは、
形がリアルなのではなく、奇岩めぐりや参拝を楽しく織り込んだものです。
ご存知の通り筑波山は山全体が神様で、私たちが筑波山神社と
呼んでいるのは拝殿に過ぎませんからね。ご神体はあくまで山頂。

じつは他にも筑波山グッズや面白企画のネタをあたためているのですが
販路やタイアップ先がなかなか見つからなくて・・・
一人でやるのは経費的に大変なばかりでなく、つまんないですからね。
一緒にやりたいって人が現れるまでもう少し寝かせて熟成させるつもりです。

北側からの絵地図・・・そうですね。これもあるといいですね。
北側は樹相も少々違うし、面白そうです。

投稿: ぐりお | 2009年11月26日 (木) 00時52分

どもです。
ぐりおさん・・・・
う~ん、ますますぐりおさんの仕事が分からなくなってきた・・・・。(笑)
筑波山にはこういった絵地図がなかったんだぁ。
なんか意外ですね、人も沢山来るところなのに。
でもこれが完成すると今まで以上に行きやすくなりそうだね。
私も近場だったら登りたいなぁ。
茨城に行ったときに行けばよかったよ~。
偕楽園と筑波山の近くでやっていた陶芸市には行ったんだけどなぁ。

投稿: こー | 2009年11月26日 (木) 07時00分

ぐりお先生、こんにちは。

わーい、すごろく作って下さるんだ!
楽しみにしておりまーす。

子どもが遊んでくれない年頃に発売されたら、孫に遊んでもらいます(笑)。

完成の暁には、お知らせ下さいませ。

投稿: mari | 2009年11月26日 (木) 15時05分

>こーさん
ぐりおの仕事は、ぐりお自身もよくわかっていません(爆)
こんなんでよく食いつないでるよねー・・・と
我が事ながら時々しみじみそう思います。
私は一体どこへ流れていくのだろう・・・(追爆)

TX効果もあって、いまやすっかりポピュラーな山の筑波山も
情報発信面では案外遅れてるんですよねー。
こちら方面に来る事があったら是非登りに来てくださいよー。
裏から登るコースや、連なる山の縦走コースなんかもご案内しますよ!
まあ、北海道の自然に比べたらてっぺんまで人里みたいなもんですが・・・


>mariさん
わかりました。すごろくができたらいの一番にお知らせしましょう(笑)
ちなみに今回紹介した絵地図は環境教育登山向けのリーフレットとして
おもに県内の教育機関向けに使われるようです。
かたい内容ですが、筑波山の事を自然科学の切り口で
小学校中学年以上にわかるように説明する内容です。
そのうちmariさんの息子さんが手にする事もあるかも知れませんね。

投稿: ぐりお | 2009年11月27日 (金) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32347540

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山の鳥瞰イラスト:

« スピード開花! | トップページ | 夜雨降霜の顛末 »