« 池の霜冬2009 | トップページ | 亜熱帯部屋にて »

OLD&NEW

朝の冷え込みは弱かったですが、空は一面ねずみ色で
ちょっと晴れの予報が信じられない様な感じだったのですが、
午前9時を回った頃から陽が射し始め、
後は一日晴れてまずまずの陽気でした。
でも、夜は冷え込んで最低気温は一日の最後に出た-0.5℃
朝は2℃でした。

予定通り、車の交代を行いました。
午後二時、ディーラーに着くと新車は既に店頭でスタンバイ。
スズキのエスクード2.4XGです。
21年間一緒に走った愛車をそっと横に止めました。
今、たった一度限りのツーショットです。

こうして見るとあらためてちっちゃいですね・・・CR-Xって。
20年前は多くの車が現在に比べ平べったいフォルムでした。
カローラもマークⅡもみんな平べったかったです。
むしろCR-Xは、他のスポーツカーに比べこんもりとした印象でした。
でも昨今では低過ぎて、周囲の車(特にトラック)に見付けてもらえず
何度もコワい思いをしましたよー(笑)
総走行距離は17万9856キロ。もうちょっとで18万キロでした。

納車って本来嬉しいものなんでしょうけど、
寂しい気持ちの方が勝ってたかなー・・・
ディーラーの皆さんも明るく迎えてくれて、
これから憧れのエスクードのステアリングを握る訳ですが
心の中では何度もCR-Xの方を振り返ってありがとうと言ってました。
だいぶ複雑です(笑)

まあ、あんまりしけた顔でいるってのも
ディーラーさんにもエスクードにも申し訳ないので
とりあえず気持ちを切り替えて新車と対峙。
慣れない今時装備に動作がぎくしゃくしてしまいました(笑)
家人のエスクードはちょいちょい動かしているのですが
14年前の初代エスクなので、今あらためて車の進化を実感!
これで我が家はまさかの白いエスクード2台体制です。
愛車ロス症候群はまだ重症ですが、これから末永くヨロシク〜!

Oldnew

|

« 池の霜冬2009 | トップページ | 亜熱帯部屋にて »

MY FAVORITE」カテゴリの記事

コメント

納車おめでとうございます。
選手交代のシーンは、長年つき合った車の方に、どうしても後ろ髪を引かれますね。それを置いて帰って良いのかというお気持ち、心中お察しします。
5MT仕様にはクルーズコントロールはついていないんでしたっけ? 車外品の後付も可能ですが、あれを併用すると燃費はかなり良くなります。試乗を兼ねて代車で借り受けた3.2XSはATでしたが、4名乗車で600km以上楽に走れました。
クルーズコントロールなんてー、と思ってもいるのですが、使いどころはあるようです。ただ、山野のフィールドワークにおいては結局のところ、燃料のことは棚上げするしかないですね。

30分の移動は、もちろん常磐道利用です。
クラインガルテンとはまったく関係ない位置関係の笠間市で、「天狗の森」などと呼ばれている300m足らずの山の麓に住んでおります。
週末はおおむね在宅していますので、こちらの山野にフィールドワークされるときには、ぜひお立ち寄り下さい。巨大なニッキの樹が目印に・・・ならないくらい山間ですけど。

投稿: 雷蔵 | 2009年12月26日 (土) 10時53分

こんばんは〜

おお〜っ、つ、つ、ついに新型エスクード納車ですか! おめでとうございます。
(しかも25日とは。すごいサンタさんがいたもんですね!?)

記事にもあるように、あのCR-Xが姿を消すのは非常に残念です。お邪魔したときには、必ず家の前で出迎えてくれたものですから、私としても寂しい限りです。

愛車を手放すときの気持ち、わかるような気がします。私も数年前、あのマツダ・ランティスを手放したときには複雑でした。本人としてはあと10年、20万キロ以上は乗ろうと思っていたものですから…(ううっ、今でもあんなかっこいい車はないと思っている自分がいます)

好きな車を死ぬまで乗りたい…そんな私の個人的な思いを引き継いでくれたのが、ぐりおさんのCR-Xでした。(ぐりおさんは引き継いだつもりはないとおっしゃるかもしれませんけど)

思いは複雑ですが、私からもCR-Xには「お疲れさま、ありがとう」と言わせていただきます。

追伸
今度、新型エスクードに乗せてくださいね!(もちろん助手席) そして、どこかに連れてって!(ガソリンもったいないから、近場で)

投稿: mushizuki | 2009年12月26日 (土) 20時57分

>雷蔵さん
こんばんは!そっかー、高速利用で30分強でしたか。
でも近いですねえ。でもっていいところですね!
そちらの方には希少な植物や昆虫がまだ見られるので、
私にとってはすごく興味深いフィールドだったりもします。
気のきいたビオトープなんか作ろうものなら
すごいビジターが現れそうです。

え〜っと、じつはまだちゃんと把握していないのですが、
5MTにもクルーズコントロールはあると思います。
ステアリングの右ステーにスイッチボタンが並んでいるので
多分あれがそうではないかと・・・
4名乗車で600km以上楽に走るとは・・・そうなんですか!
ちょっと見方が変わりました。参考にさせていただきます。
貴重な情報有り難うございました。

愛宕周辺はまだよく見ていないところが多く、
今後の重点地区です。近くに伺ったら
雷蔵さんのエスク基地を探索してみます(笑)

>mushizukiさん
クリスマスでしたもんね、そういえば。
そっかー、イブ登録のクリスマス納車なんだ・・・
こりゃ結婚記念日よりも憶えやすいなあ(笑)

あのCR-Xを語る上でmushizukiさんは欠かせません。
納車してわりとすぐ後に初めて遠乗りしたのがmushizukiさんと
二人旅で行った福島〜宮城〜岩手の旅でしたから。
行きは台風と同行北上するというものすごい旅でしたよね(笑)
嵐の中仕方なく男二人で泊まったコテージ式のラブホでは、
生涯唯一の超常現象まで体験してしまいましたもんね(恐!)
今となっては良い(いや、あれだけは今でもめっちゃコワい)思い出です。

mushizukiさんのランティスもいい車でしたね。
私はあの車の後ろ姿が大好きでした。
ある意味ちょびっとCR-Xに通じるものもあったですよね。
ヨーロッパで言うならやはりドイツのテイストでしょうか。
今のアクセラもスパルタンですが、それとはひと味違った品がありました。

新型エスクは近場の未舗装路や傾斜地のことも考えての選択ですから
(ほら、あのつくばねの仕事で走り回ったときの様な・・・)
近場のフィールドにガンガン出掛けましょうよ。
是非ご一緒願います。
上にコメントした雷蔵さんのお住まいのあたりは、
まだ未踏査のフィールドが多いですからね。
mushizukiさんお得意の龍神山をはじめ、あの一帯は面白いですから。

投稿: ぐりお | 2009年12月27日 (日) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32739060

この記事へのトラックバック一覧です: OLD&NEW:

« 池の霜冬2009 | トップページ | 亜熱帯部屋にて »