« 温室にも冬 | トップページ | 続・プリウスが買えない »

常緑のベリー

冷たい雨が未明から降り続いています。
時々雨脚がやや強くなったり、弱くなったり・・・
気温も1月上旬並みとのことですが、さすがに底冷えが少々きついですね。
今日は夕方から小美玉市でワークショップのお仕事です。
辛い雨ですが風邪だけはひかない様にしないと・・・

写真は昨日のカット。庭の常緑樹に咲いた、かわいいけど地味な花です。
シャシャンボという低木で、随分前に頂いた株なのですが
初めて開花しました。
スリムですが穂状に並んだ壷型の花には、
見覚えのある方も多いのではないでしょうか?
じつはシャシャンボはツツジ科のスノキ属、ブルーベリーと同じ属の木です。
だから、花も何となくブルーベリーに似ているでしょう。

ブルーベリーに似た日本の野生の木といえば、
クロマメノキやナツハゼが知られていますが、
これらが落葉樹であるのに対し、
シャシャンボは暖温帯に見られる常緑樹です。
花のあとに実る小さな黒い実は、やはりクロマメノキやナツハゼ同様
食べる事が出来ます。甘酸っぱいんですよね。

でも、シャシャンボの本来の開花期は6〜7月ですから、
今回の花は上手く結実しないでしょう。
せっかく初めて咲いてくれたのに残念です。
花穂の付け根の咲き終わった部分は、
何となく実になりかけてるんですけどねー・・・

今まで開花しなかったのは植えてある場所の日当りが良くないこと、
ここへ来て咲いたのは夏の終わり頃にやや強く剪定したことが
それぞれ原因なのだと思います。
常緑樹は、冬場の風よけの効果を狙って庭の北西側に集めて植えています。
もっと温かくて日当りがよい場所に植えてあげれば、
ご機嫌良く花を付け、実もなってくれるのでしょうね。

上を覆うクヌギがもう少し大きくなってくれれば、
クヌギの下枝を払って今より大きな下層空間を設ける事ができるので、
シャシャンボの生育条件も改善されるかもしれません。
それまではシャシャンボにも我慢してもらうしかなさそうです。
もちろんこちらもシャシャンボの実の収穫は
当分おあずけということになりそうですけど(笑)

Shashanbo_hana0912

|

« 温室にも冬 | トップページ | 続・プリウスが買えない »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32472119

この記事へのトラックバック一覧です: 常緑のベリー:

« 温室にも冬 | トップページ | 続・プリウスが買えない »