« 復活!屋内温室 | トップページ | 本当の気持ちは »

実生たちのアピール

えらいさむおました(笑)
同じ晴天でも昨日とは一転、空気が乾いて日射しが北風に負けて・・・
こんな日はお家に籠りたくなりますが、師走ですから
外回りの仕事もしっかり進めなくてななりません。
という訳で、今日は殆ど外出・移動で暮れてしまいました。

写真は朝に撮影したもの。
庭のモミジですが、まだ背丈が50センチ程度のおちびさんです。
植えたものではありません。実生で育った風の訪問者です。
小さくてもそこはモミジ。今まで殆ど存在感がありませんでしたが
遅ればせながら見事に紅葉しました。
まるで「ここにいるんだよ」と言ってるみたい・・・

何の手入れもしなかったし、クヌギに覆われた陰地なので
生育条件は今ひとつだと思うのですが、いい仕事しています。
すぐ近くには紅葉を期待して植えたコハウチワカエデがあるのですが
そちらはろくに色が出ないまま葉が縮れて落葉してしまいました。
まったく思う様に行かないものです(苦笑)

庭ですから普通は植えた木を育つ様にし、
勝手に生えた侵入者は処分せねばならないところでしょうが、
ビオトープとして考えるとここは判断のしどころ。
強いものがより優先的に植生を構成するという自然の法則を、
あえて無視しないのも一つの考え方だと思います。

あとはビジュアル的に魅力的だったり、他の生物を呼ぶ効果が高かったり、
邪魔なら切ってもそれなりに残る性質だったりというそれぞれの種の特徴で
対応を判断する事にしましょう。

日陰でもこれほど紅葉するのなら、このモミジは「有り」でいいかな・・・
コハウチワカエデの方はずばっと切っちゃうのも方法かも知れません。
かえってその方が夏場の葉傷みが少なくて、紅葉がきれいかも・・・
初冬の山に行くと、頭上が落葉して明るくなった頃に
足元に生えたたくさんの実生の木々たちが
案外美しく色付いている事ってありますもんね。

よく見ると他にクロモジやコゴメウツギ、コナラにヤマハゼの実生なんかも
庭の各所にちらほらあって、これがキレイに地際を飾っています。
彼等は刈ってしまってもまた脇芽を出して、
逞しく林床の一員に加わって来ます。
まるで「結果的盆栽」という感じですね(笑)

Momiji_misho

|

« 復活!屋内温室 | トップページ | 本当の気持ちは »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32527460

この記事へのトラックバック一覧です: 実生たちのアピール:

« 復活!屋内温室 | トップページ | 本当の気持ちは »