« 森の建て売り物件 | トップページ | 浴びるツグミン »

頂上のラン

今日は三郷の白石洋ラン園にお邪魔して来ました。
いやいや、もちろん仕事ですよ(笑)
ぐりおは定期発行のリストの制作をまかせていただいています。
白石さんとのお付き合いはとても長くて、何と私が学生の頃からです。
ってことは・・・うわー、もう25年以上になるんだあ!

その当時から原種のパフィオペディラムに熱が入っていたのですが、
原種を豊富に扱っているところは当時から限られていて、
パフィオに限らず「原種オンリー」という集め方をする人は遅かれ早かれ、
大抵白石洋ラン園に辿り着きます。
私はお邪魔するとやはり原種のパフィオを探してしまうのですが
パフィオはこの15年ほどの間に
すっかりマイナーなランになってしまいました。
今でも白石さんのところには珍しい原種パフィオが在庫していますが、
展示販売温室の中心品目は豪華なカトレヤの数々。

濃いも薄いも様々ですが、色彩とともにその高貴な香りに包まれた温室内の
ゴージャスな空気は何とも言えませんでした(笑)
写真もそんな展示販売温室の中の一株、
大型の原種カトレヤ「カトレヤ・ジェンマニィ」の選抜個体です。
ラベル表記だとC. jennmanii ver. lubra `Rojo Angelical'
本日見た数々の原種カトレヤの中でもとりわけ惹かれた一株です。
パフィオまっしぐらだった頃の私は、こういうフリフリのカトレヤは
みな交配品種だと思っていました。
自然の意匠である原種にこんなショービジュアルな花があるとは
努々信じられなかったのです。
こんなのが自生地では頭上の枝にくっ付いて咲いている景色を
生きているうちに一度は見てみたいものだと思います。

色、形、大きさ、どれをとっても確かにカトレヤは
頂上のランだと思いました。
こういう花の数々を目の当たりにすると
自分でも栽培してみたいなどとつい考えてしまいますが、
私の栽培環境ではちと荷が重そうです。
やはり上手に作られている方の花を拝見する事にしましょう(笑)
もっとも、「これは」と思った花はみな良いお値段です。
作るか作らないか以前のお話でしたー(爆)

Cjennmanii_verlubra_rojo_angelical

|

« 森の建て売り物件 | トップページ | 浴びるツグミン »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

こちらにもオジャマします。

確かにゴージャスですよね、カトレヤ。
小学生の時はデンドロ、オンシ、シンビ、ファレノとか…。
無知もあってカトレヤはカラシースばかりでしたね…。

そして社会人になってパフィオ…よくある話(笑;)

それからやっと「遅かれ」Sさんにたどり着き、ぐりおさんに♪
まぁ、たどり着いたと言っても購入は一度だけですけどね(笑;)
(Sさんゴメンなさい…場所がないんで…。)

やっぱり地味な私にはゴージャスより似合ってる?
数も地味に愛好家♪

投稿: 太郎 | 2009年12月15日 (火) 09時03分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
今日はまとめてここに書きます。
あの洋蘭屋さんは、僕の中学から500メートルです。以前、洋蘭屋さんの隣の川でカメを捕っていてサンダルを流されてしまいました。危なく川に落ちるとこでした。
それでは昨日はあの蕎麦屋さんへ行ったのですね。

☆僕はパリーオオクワガタが好きなんです。コクワガタをそのまま大きくしたような形が気に入ってます。クワガタって本当にかっこいいと思います。大好きです!
コクワガタの菌糸瓶飼育の場合は、菌糸瓶の交換までに成虫に羽化してしまうからいいのですが、他の大型のクワガタの場合は3~4回も交換することがあるので、いつもタイミングに気をつけています。特に2~3本目の時は驚くほどよく食べるので、すぐに菌糸の部分がなくなってしまいます。
むし社のセールの時に当たると大型の瓶を買えるのですが、なかなかうまくタイミングが合いません。
菌糸瓶交換の時は、以前、先生に教えて頂いた100均のスプーンを使っています。ノギスも100均です。

投稿: かぶと小僧 | 2009年12月15日 (火) 19時31分

>太郎さん
是非今後とも辿り着いてあげて下さい(笑)
業界存続のためです(追笑)

他のハデハデなランには刺激を受けないのですが、
特に最近原種カトレヤにはそそられるものがあります。
でも、ちょいと良い花だと思うものはほんっっっっとに値段もスゴい!!
無理です(爆)

>かぶと小僧さん
その通りです。もちろんあのそば屋さんに行きました。
そしてもちろん、おかわりつきのつけとろろそばです!
・・・そうですよね、白石さんは
あの中学校から、信号で一つしか離れていませんものね。
近くて羨ましい!ついでにそば処天徳も!!(笑)

パリーは私も好きですよ。っていうか、パリーもシェンクも
おおざっぱに言うと似てますよね。
コクワガタは、温度を工夫して菌糸ビンを1〜2回交換する様な
飼い方ができると特大のオスが羽化するようです。
1本で羽化させるとスピードが早くて、
大きさはまあ大きいかなって感じらしいですね。
そんなこと言ってもどうして良いかはわかりませんけどねー(笑)

投稿: ぐりお | 2009年12月16日 (水) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32609637

この記事へのトラックバック一覧です: 頂上のラン:

« 森の建て売り物件 | トップページ | 浴びるツグミン »