« 細部の加工と土乗せ | トップページ | 大掃除2009 »

オーバーフローパイプ

さて、今日も池の工事の続きを書きます。
昨日の記事で作業日の記載をしませんでしたが、
昨日のシートへの土乗せは、2004年の9月22日までの作業です。
今日はその続きで、同年の9月28日の作業。
池の流出部、つまりオーバーフロー部分のパーツ作成です。

池の排水口そのものは、底から40センチ余りの位置に取り付けた
50ミリの塩ビパイプです。このままでは池にいくら水が入っても
40センチまででオーバーフローしてしまうので
ここから直立させたパイプを接続し、その上端を満水位とします。
しかし、メンテ等で池の水を抜く事も考えなくてはなりませんから
写真左のように、排水口の高さでネジ蓋を外すとその部分まで
水を抜く事が出来る様にした上で満水位を設定する、
「逆さT字」の形にしました。
これなら、排水パイプの位置まで水位を下げる事が蓋一つで操作可能。

オーバーフローパイプの機能としてはこれで充分なのですが、
せっかくなのでちょいと凝った細工を・・・水位計の機能をプラス!
好きなんですよ、そういう事が。ある種の自己満足です(笑)
底からの高さを測ったら、直立するパイプを繋いだ部分の下端が
ぴったり50センチであることがわかりました。
その位置から高さを追ってゆくと、満水位は68センチでした。
もっともこれはこの排水部の水位という事であり、
池の中央はさらに約10センチ深いので、
池の最大水深は約80センチです。

左が塗装前のパーツの組み合わせ、右がその塗装後の姿です。
目盛りはマスキングして出来る限り正確に塗装しました。
文字は面相筆でレタリング。泣きそうに緊張しましたー(笑)

上から見ても排水栓が目立つよう、蓋のパーツは蛍光の赤で塗装。
ついでに排水部のストレーナーには茶濾し金網を入れました。
簡単な作りですが、千円も掛からぬ予算で出来ました。
こういうどうでもいいところに拘るのって、楽しいんですよねー(笑)

Ike040928

|

« 細部の加工と土乗せ | トップページ | 大掃除2009 »

さくら上池のできるまで」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
手作り感がすばらしいです。
ただのオーバーフローパイプとこの意匠とでは、人の側から池の自然状態にアプローチする気持ちに、変化が生まれるでしょうね。
池の貯水量は相当なものと思われますが、排水の際は雨水下水として誘導するのでしょうか?
うちの敷地内に、高低差の関係で隣家からの洗濯雑排水などが流れ込んでくるので、これを升で受けて配水管を埋設して誘導しているんですが、その排水先はやむなく雨水の下水路。いくらかでも濾過した方が良いかと、浸透升2個を中継して、最後は深さ1mくらいの穴を掘って一時貯留しています。
隣人はもちろんそれを知らないという。

話は変わりますが、ぐりおさんのエスクードをマイレッジに登録させていただきました。事後報告で申し訳ありませんが、ご容赦願います。

投稿: 雷蔵 | 2009年12月29日 (火) 00時07分

雷蔵さんこんにちは!
池の排水は敷地内の水路を経由し、
その水路の流末にある二次オーバーフローを超えた場合のみ
雨水として道路の側溝に合流し、ご指摘の通り雨水下水として
やがては小野川から霞ケ浦に注ぐ事になります。
でも、二次オーバーフローに至る事は年に数度です。

敷地内にお隣の生活雑排水が流れ込むというのは穏やかではありませんね。
普通は下水道の無い地域でも、側溝までの流路は各家庭で責任を持つ
ところだと思うのですが、その辺がアバウトでも
気にならない立地条件ということでしょうか。
途中の升や穴にヨシ、マコモ、ガマなどのやたら強い抽水植物を植えて
植生濾過をすると幾分いいかも知れませんね。
繁茂した植物は刈って堆肥化するなど、利用法はいくつかあります。
味方を変えればそれも一種のビオトープかもしれません。

エスクードマイレッジの件了解です。
こちらは2.4GXにまだ慣れません。いろいろな部分で初代、二台目とは
正確が違いますね。思ったよりスポーツカーかも知れません(笑)

投稿: ぐりお | 2009年12月29日 (火) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32773184

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーフローパイプ:

« 細部の加工と土乗せ | トップページ | 大掃除2009 »