« あ、受かってた(笑) | トップページ | さよならCR-X »

続・「謎のロゼット」

冬型が緩んで気温が上がるって事だったので
ちょっと期待してたんですが、8℃止まりでした。
朝は-5.5℃まで冷え込みましたよー。
この冬初めて、池の水面が完全に氷で覆われました。

さて、昨年の11月3日のことですが、
庭で見付けた小さな謎のロゼットを
「これ、ひょっとしたらコオニタビラコ?」と掲載しましたが、
ずっと後になってそれは違うと判明しました。
あの時のあれは、コオニタビラコではなく
ゴマノハグサ科のムラサキサギゴケでした。
もしあの時の写真を情報源としてコオニタビラコを探した方が
いらっしゃったら(いないとは思うけど)ゴメンなさーい!

本当のコオニタビラコは、じつはムラサキサギゴケの場所から
50センチほど離れた場所にたくさんあったのです。
今回掲載の写真がそれ。
今度こそ正真正銘のコオニタビラコのロゼットです。
葉柄がヒューンと伸びるところや、葉の縁の形状が
ムラサキサギゴケとはだいぶ違いますね。

コオニタビラコの葉の縁にはそこだけツンととんがった鋸歯が
まばらにあり、その鋸歯と鋸歯の間は割合直線っぽく結ばれているので
葉が多角形状に見えます。
まだ成長初期の葉であるせいか、
付け根に向かって続くタンポポに似た特徴的な小葉は見られません。
きっとそういう葉に変身するのは春なのでしょう。

年が明けてすぐの春の七草に使うのなら、
数株を鉢に上げて温室で栽培するといいかも知れません。
でも、七草には一応「入っているぞ」という
既成事実程度に入れることにして、
春に満開のコオニタビラコクッションを楽しむことにします。

Koonitabirako_rozett

|

« あ、受かってた(笑) | トップページ | さよならCR-X »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32700012

この記事へのトラックバック一覧です: 続・「謎のロゼット」:

« あ、受かってた(笑) | トップページ | さよならCR-X »