« 本当の気持ちは | トップページ | UFO »

風に乗る空の旅人

低く地上を見下ろしながら、風に乗って大空を旅する・・・
まるで雲みたいな話ですが、今日の話題は蜘蛛の方です(笑)
少し前に撮影したカットを載せそびれていたので
きょうはそんな写真を選んでみました。

というのも一日どんよりで写真撮影には不向きなお天気でしたが、
今日はそもそも忙しく動き回るしかなくって
庭も景色も眺める余裕がありませんでした。
今やっと一段落ついて日付を遡っての記事アップです。

今でもまだ見られますが、10月から11月に掛けて山などに出掛けると
小さな小さなクモの赤ちゃんがそこら中を動き回っているのを目にします。
その動作をじっと観察してみると、
テントウムシがよくやるみたいに開けた高いところに辿り着いて
テントウムシとは逆にお尻を少し持ち上げます。
ちっちゃなお尻の先からはこれまた見えない様に細い糸が出ていて、
それを風に吹き流します。
糸が風に流されてもはじめは足で踏ん張ってつかまっているのですが、
やがてパッとリリースして空へ舞い上がります。
新天地へ向けて空の旅に出た瞬間です。

小さなクモがこうしたやり方で移動することをバルーニングといいます。
体重が軽い子グモだから可能なことですが、
羽も持っていない彼等が飛行という移動手段を使うというのは
じつにスゴい事だと思います。

写真はおそらくカニグモの仲間の赤ちゃんだと思います。
私のデイパックの上をうろうろしていますが、ほかにも2匹いました。
撮影したのは先月の中旬、場所は筑波山の山頂付近です。
よ置く見るとそこらじゅうに同じ種類がたくさんいました。
飛んで来て着地しては、またバルーニングで飛んで行く・・・
気に入った新天地に辿り着くまで、これを繰り返すのでしょう。
バルーニングしているクモは、航空機から観測されることもあるようです。
風まかせですから、そういうこともあるのでしょう。
雲を見下ろす蜘蛛ですね(笑)

こうした蜘蛛もまた、多くの例と同様に無事成長できる確率は
非常に低いと想像できます。
でも、数が多いですからね。必ずどこかに辿りついて
無事に成長する個体はいるし、貴方や私の身の回りにも
どこからかの長旅の果てに辿り着いた個体がいるはず。
クモは身近な生き物ですが、本当に多くの不思議を抱えています。

Kanigumo_balooning

|

« 本当の気持ちは | トップページ | UFO »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
これ、バルーニングって言うんですね~。
私も風があって小さなクモがいるとやらないかなぁって
見ることがあるんですけど、
今年は、たまたまか滑って飛んでいったか分かりませんが、
結構風の強い日ね、クモの種類は分かりませんが、
ハナグモみたいな緑色のクモが飛んでいったんですよね。
ただ風がある程度強かったので、飛ばされたのかもしれませんが、
体長が1㎝弱のクモが飛んでいく瞬間を見ました。

投稿: こー | 2009年12月10日 (木) 06時45分

こーさんどもです!
バルーニングの離陸の瞬間をみたのですね。
なかなかその瞬間って見ることできないから、
良い事あるかも(笑)
1㎝弱は、バルーニングするには限界に近い大きさなんじゃないかなー
緑色ということだから、
ハナグモとかワカバグモの幼体かもしれませんね。
たしかにカニグモ科のクモは少し大きくなった個体でも
バルーニングするようですね。

春にもクサグモなんかのバルーニングは
一時にたくさん見られることがありますよー。
クサグモの幼体は真っ赤でキレイなんです。

投稿: ぐりお | 2009年12月11日 (金) 01時52分

こんばんは。クモの話題なので…久々にコメントさせていただきます。

この蜘蛛、たぶんアマギエビスグモだと思います(直感ですが)。なぜか山の方に行くとこの蜘蛛をよく見ます。しかも、コカニグモのように樹皮裏などに隠れていることもしばしば。自分は平地でこの蜘蛛を見たことがありません。

ブログの写真に刺激されて久々に蜘蛛観察に出かけたくなりましたが、この季節になるとあまりいないんですよね〜

投稿: mushizuki | 2009年12月11日 (金) 21時28分

mushizukiさんお久しぶりです(ネットでは:笑)
にゃんと!アマギエビスグモとな!!それはかなり小型のカニグモですよね。
ってことはこれで亜成体ぐらいですかね?
たしかに身近にいるヤミイロカニグモの幼体は
もっとお尻でっかちだったような気がしますね。
この日はとにかくそこらじゅうにいて、みんな同じ種類だったと思います。

クモさんもこの時期になってはだいぶ隠れてしまってますね。
でも、うちの温室の中はまだまだハエトリたちが元気です。
彼等がお腹をすかせると可哀想なので、温室内に古くなった果物を置いて
焼酎をかけています。こうするとキイロショウジョウバエが勝手に増えますので(笑)
おかげで温室内に樹液の様な甘酸っぱい匂いが・・・(笑)

投稿: ぐりお | 2009年12月11日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32552264

この記事へのトラックバック一覧です: 風に乗る空の旅人:

« 本当の気持ちは | トップページ | UFO »