« 年越しそば・元朝そば | トップページ | 北風と太陽 »

冬芽拝見 -ヤマブキ-

冬型が崩れないで頑張っていますね。
当地はきれいな快晴で気温も9.5℃まで上がったのですが、
北風が強く吹きすさんで、とてもそんな風には感じられませんでした。

さて、久し振りの「冬芽拝見」、登場するのはヤマブキです。
お山の枝からの挿し木苗でしたが、2年経って、
ようやく冬芽を観察できるぐらいに成長しました。
冬のヤマブキの特徴はなんといってもこの若枝のみずみずしい緑色。
枯れ野の中にあってはよく目立ちます。こういう色の冬の枝は
モミジイチゴなど、他のバラ科低木にも見られます。
秋までに伸びた枝には葉が互生していましたが、
その葉の一枚一枚の後にしっかりと冬芽が出来ています。

冬芽の大きさは付いていた葉の大きさに比例するようですが、
形はみな一様で尖った筆先の形。
鱗片は少し艶があって赤味を帯びています。
ところが、よく見てみると所々に三つ又の冬芽があります。
ここはきっと新しい枝のターミナルになるところなのでしょう。
樹木園芸には詳しくないのですが、
こういう芽の少し先で剪定するとこんもりとまとまった樹形になり
花も咲くのかもしれませんね。

昨年初花が咲いてくれたので、順調に行けば
今年は一人前の咲き姿を見せてくれるかも知れません。

Fuyumeyamabuki2010

|

« 年越しそば・元朝そば | トップページ | 北風と太陽 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32830953

この記事へのトラックバック一覧です: 冬芽拝見 -ヤマブキ-:

« 年越しそば・元朝そば | トップページ | 北風と太陽 »