« 長い花期 | トップページ | 蝋梅 »

冬の植物園1

Habotan100110

今日は寒の中休みといったところでしょうか。
気温が10℃に達し、風も弱く穏やかな晴れでした。
この時期にしては、外を歩いていても多少寒いとは感じるものの
体がしんと冷え込んで来るような事はありませんでしたよ。

そんな訳で、家族で水戸市植物公園に出掛けました。
水戸市植物公園は水戸の中心市街地の周縁部にあり、
常磐自動車道の水戸インターチェンジで降りて国道50号を
大洗方面に少し走ったところにあります。
水戸市の清掃処理場に隣接していて、植物公園内の温室の暖房は
この清掃処理場の焼却余熱を利用しています。

昭和62年に開園した植物園ですので、
めちゃめちゃ歴史があるという程でもないのですが、
園内全体の構成は流行のなんちゃらガーデンを手っ取り早く取り入れたような
安易な作りにはなっていないので、
しっかりと管理された古き良き植物園の風格を感じます。
ちょっとどこか上野動物園や小石川植物園に通じる雰囲気があって、
私は結構好きな公園です。

もちろん人工的な造形メインの修景も元々の地形や植生を生かした
野草などを楽しめるゾーンもあり、
ゆったりと楽しんで巡るにはそれなりの時間を要します。
この時期は花が少ないし木々も眠っているのですが、
お客さんも少ないので本当にゆっくり、のんびりと回れます。

外の花壇の主役は、やはり葉ボタンでした。
中でも温室の回廊から眺めることのできる中庭のものは
見応えがありました。
多分何かのマークになっているのだと思うのですが、
それが何なのかはちょっとわからなかった・・・(笑)
でも、とっても沢山の株を生前と密植した造形は見事でした。

公園内には池がいくつかあって、アイガモの夫婦がいる池と、
鯉のいる池がありましたが、鯉の方はエサが売られているので
さすがに人が近寄るとわわっと集まって来る馴れようでした。
鯉にやるエサを少し残しておいて、
帰りがけにアイガモにやってごらんと子供に言いました。
行きがけに見た時、2羽のアイガモがしきりにこちらの方に
「うふん」みたいな愛想目線(写真下)を投げかけていたので、
「こいつらエサに来るな・・・」と思ったからです。

案の定、2羽は行き以上の反応を見せ、
子供が持っている鯉のエサの袋を見付けるや
いきなり上陸して一直線に迫ってきました。これは予想以上の反応です。
餌やりは子供にまかせ、ひとまず退避することとしましょう(笑)
私は彼等の何ともプラスチッキーな感触の觜に挟まれるのが苦手なのです。
母親は子供とアイガモのふれあう姿をカメラに納めたかったようですが、
帰宅後確認した画像に写った子供の表情は
楳図かずお作品ばりのこわばったモノばかりだったようです(爆)
恐ろしやアイガモ・・・

Aigamo_uffun

|

« 長い花期 | トップページ | 蝋梅 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
昨日までの晴天ががらっと変わりましたねえ。
日曜日は、来月開く月遅れ新年会の前座に仕掛ける、クイズラリーのチェックポイントを設定するために近場を走り回っていましたが、明日(11日)も休みだし、幌を開けてしまおうかと思ったほど暖かかったです。
それでも窓の透明フィルムは硬くなっていて、外して畳もうとするには難があったので思いとどまりましたが、今日の転向を見たら幌を外さなくて正解でした。
うちの庭では蝋梅と水仙がピークです。ふくれみかんも収穫しきれないまま、取り残したモノは野鳥にお裾分けです。

投稿: 雷蔵 | 2010年1月11日 (月) 13時10分

 寒中御見舞い申し上げます。
 今日も冴えてますね~。合鴨の『うふん目線♪』に新春初笑いさせていただきました。
 動物に餌を与える子どもの姿を『微笑ましい思い出ショット』に
おさめたいのはいずこの親も同じですが、
集まってくる動物の数の多さや勢いに圧倒されて、
恐怖に半泣き・硬直っていうのが大半ですよね(^^;)
楳図かずおか~・・・。息子さんには申し訳ないんですが
ここでもまた福笑いをいただいてしまいました。
見知らぬ一読者にまで笑いを施す功徳を年始からつんだ
息子さんは、今年もきっと健康で充実した一年になること間違い無しです。
すみません、植物園と全く関係ないことばかり書きましてA^^;)
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: くわでん | 2010年1月11日 (月) 14時30分

雷蔵さんこんにちは!
確かに昨日はMR−Sやマツダロードスター、ロータス7など
オープンで元気に走っている車を何台も見かけました。
エスクのコンバチもオープンは気持ちいいでしょうね。
今日は日中の気温がほとんど上がらず、
お昼前後にはわずかに白いものが舞いました。まさに一転しましたね。

雷蔵さんのお家には福来蜜柑があるんですね!
茨城のご当地柑橘ですもんねー。いいな〜・・・
前におっしゃってましたけど、確かニッキもあるんでしたよね。
山を背負った暖かい環境なのでしょうか。羨ましいですね。
うちは丘陵の吹きっ晒しなので、平均的な牛久市の気温より
かなり寒いんですよー。

>くわでんさん、こちらこそ今年もよろしく御願いします。
このアイガモがですね〜・・・ホントに小首をかしげて
「うふん♥」な感じだったんですよ。
ちなみに画像のこいつはオスですが(笑)
餌付けされた動物ってやつはよほど凛とした心構えを持って対峙しないと、
時にえらいことになりますね(笑)
私は以前筑波市内の松見公園というところでアイガモとバリケンに
一飯の恩を仇で返され、カモ系トラウマがあります。
鯉の方もスゴかったですよ〜池の縁にごく浅い部分が設けてあるのですが、
波打ち際のオタリアの子供を襲うシャチみたいに
ずばあぁっと乗り上げて来るんですよ。
大迫力でした。(ありゃ小さい子は泣くな・・・きっと)

投稿: ぐりお | 2010年1月11日 (月) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/32938967

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の植物園1:

« 長い花期 | トップページ | 蝋梅 »