« ゆっくりだけど成長中 | トップページ | 電球型蛍光灯 »

屋内温室のその後

晴れたけど空気は冷たかったです。風は殆ど無かったのですが・・・
明日はまた温かい空気が流れ込み、気温が上がるとの予報。
相変わらず痛い身体に冷えが辛いので、期待したいところです。

写真は昨年の12月に久々の復活設置となった
ワーディアンケース(屋内温室)の現在の様子です。
これまで温室で管理していたパフィオペディラム、フラグミペディウムの
比較的低温に弱い種類を取り込んで管理しています。
いくらも入らないだろうと思っていたのですが、
保持数のやく4割が収納されました。
さすがに最低温度を15.5℃にキープしてあるので、
温室ではお休み中だった種類が成長を続けています。

内部には3段の棚があるのですが、一番上の棚に小さめの鉢、
2段目には大型種、最下段の3段目には昆虫とカタツムリを入れています。
向かって左寄りに天窓があるので、明るい環境を好む種を左に、
あまり光線を必要としない種を右に配置していますが、
伏射光もあるので割とまんべんなく光は回っているようです。

温度と光の環境はまあまあなのですが、
この屋内温室、湿度保持が今ひとつで、どうも乾くのが早いみたいです。
温度が高いので蒸れてしまうよりは都合がいいのですが、
水やりは少々頻繁になってしまいます。ここがちょいと欠点ですね。

もっとも仕事部屋にこういうものを持ち込んでしまうと
気になってしょっちゅう覗き込んでしまい、
一日を振り返るとトータルで結構長い時間眺めていたりして・・・
それが一番の問題かなー(笑)

Shitsunai100124

|

« ゆっくりだけど成長中 | トップページ | 電球型蛍光灯 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
ぐりおさんはプラ鉢で育ててるんですね~。
ミックスコンポスト系にプラ鉢だよね。
こちらと気候の違いがあるけど、プラ鉢の方がいい感じです?
私は素焼きにミックスコンポストなんですけど、
やっぱ乾きが早いのよね~。

私も仕事場に水槽や植木鉢を持ってくると気になって
仕事の能率がすごく下がるかも・・・・。(笑)

投稿: こー | 2010年1月25日 (月) 06時35分

4割を収容出来ましたか!
屋外の据え置き組達もゆったりと快適でしょうね(笑)

ぐりおさんに我が家の湿度をお話した事はないと思いますが…計っていません。
温度計の方だけ(笑)
ご存知のように大半は腰水ですし、毎朝スプレーしていますからね、良いのかな。

内気扇は回していないのですか?
内気扇を設置して水皿でも…。

身体お大事になさって下さい!

投稿: 太郎 | 2010年1月25日 (月) 08時46分

>こーさん
そうなのですよ。パフィオフラグミに関しては
殆どがプラ鉢+ミックスです。
一部に水苔+素焼き鉢もありますけどねー。
実は水苔の植え方がヘタなんですよ。多分固く詰め過ぎるんですよね。
あと、水苔は品質に当たり外れがあって、
やっぱり使いにくいなーと感じることがあります。
おっしゃるようにミックスに素焼き鉢は、さすがに乾きますよね。
でも、頻繁に水やりできるのならそれもいいのかもしれませんね。

仕事場にランはいけませんわ〜(笑)
眺める理由が次々にこれでもかーと湧いて来ます。
仕事のアイデアもこうだといいんだけどねー(爆)


>太郎さん
もう少し取り込めるのですが、病気や害虫を持ち込みたくないので
植え替え+消毒して持ち込む様にしているんですよ。
だから外温室のものは植え替えがまだなものばかりです。

撹拌扇は今のところ入れていません。
温風ヒーターと下の方に設置することで、
サーキュレート効果がそこそこあるみたいです。
水は各鉢の受け皿にちょっとずつあるので常に気化供給は
されているはずなんですよ。でも乾いてる!
水の供給じゃなくて、保湿なんでしょうね。ガラスの隙間の問題かな〜。

投稿: ぐりお | 2010年1月26日 (火) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/33112531

この記事へのトラックバック一覧です: 屋内温室のその後:

« ゆっくりだけど成長中 | トップページ | 電球型蛍光灯 »