« 果物ふたたび | トップページ | にわかに春でした »

HAPPY NEWS?

-5.5℃に10.5℃。今日の最低気温と最高気温です。
仰天するほど温かくはないのですが、昨日も一昨日も厳しい寒さでしたから
朝こそ冷え込んだものの、日中は随分ほんわかと感じました。

さて、今日も鳥ネタです。3連発ですね(笑)
どうも庭に出しているミルワームの減りが早いので、こりゃあ
またヒヨドリがミルワームに口をつけ始めたのかと思いましたが、
今朝、ひとつの原因が判明しました。

ミルワームのレギュラーはジョウビタキのオスなんですが、
今朝はそれよりも地味目な鳥がちょこまか動いています。
メスもなわばりを部分的にかぶって同じ年に現れることがあるので
あー、やっぱり今年もそうだったかと双眼鏡で覗いてみると・・・
「な・な・なんと!ルリビタキだーっ!!」
とりあえず証拠写真!と慌ててISO800設定で撮影。
少々粗い画像でごめんなさい(笑)

見たところまだ若いオスのようです。
この鳥、あと1〜2年で成熟したオスになると思われますが、
そうなるとその名の通り、とっても素敵な青い鳥になります。
頭から背中にかけてのうぐいす色というかグレーというか、
その部分が真っ青に変わり、お腹も今よりずっと鮮やかな黄色になります。
すでに尾羽と脇腹に、その片鱗とも言える色彩が伺えますね。

ルリビタキは雑木林に行くと見かけることがありますが、
庭に現れたのは三年前に通りかかりの一羽がチラッと姿を見せたきり。
今回はどうなんでしょう?
できれば庭の定番になって頂きたい!
来年も、そして再来年も・・・立派な青い姿になった君を
ぜひ間近に見てみたい!!と思ってしまいます。

青い鳥は幸せを運んでくれるそうですが、
私はルリビタキそのものが充分幸せ〜っ!
ジョウビタキと仲良くシェアリングしてくれることを、
そしてヒヨドリの邪魔が入らないことを切に願うのでした(笑)

Ruribitaki_100208

|

« 果物ふたたび | トップページ | にわかに春でした »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

 いぢわるキングが来なくなった途端、ぐりおさんのお庭の
小鳥たちはにわかに活気付きましたね。
それにしても、いぢわるキングのあの目つきと言ったら!
ほんとにやんちゃきかんきな性格がありあり。
いつもながらぐりおさん、魔法使いのような撮影手腕です。
今頃、どこでどうしてるんでしょうか。
よそで【新参者】として剣突食わされてるのかな?
 ルリビタキはくわでんの自宅附近の雑木林でも見かけます。
ほんとに綺麗な小鳥なので、もっとゆっくりその姿を見せて欲しいのに
いつも素早く飛んで行ってしまいます。
これから毎年来てくれるといいですね~。
食べ物が異なるいろんな種類の小鳥がやってくると言うことは
それだけぐりおさんのお庭が豊かなキャパを持っているという事。
そんなビオトープを作り出せるぐりおさんは、やっぱり魔法使いなんじゃ!?
 春の草花も芽吹き、これからまた楽しみな季節がやってきます。

投稿: くわでん | 2010年2月 8日 (月) 23時25分

くわでんさんこんばんはー!
そうなんですよー、まあ見方によってはいじわるキングって、
グレートな個体だったというか、すごい影響力でしたね。
今のところまだ戻って来ていないようですね。
あの占有性の強さですから、現在進出しているところに固執するがゆえに
戻って来ていないのかも・・・(笑)
いや、笑い事ではありません。いずれ遠からぬうちに戻ってくるでしょう。
そのとき、またどういう構図になるか・・・です。

ルリビタキって、見かけるんですけど
本当にいつも「ちらっ」なんですよねー。
でも、ジョウビ同様あの目がホントめんこい〜♥

クワデンさんはすごく嬉しいお褒めを下さるけど、
実のところ私自身はぜんぜん魔法は使えなくて、
ほんのちょっとの仕掛けをするのがせいぜいです。
魔法を見せてくれるのは、周辺に残っている
まだ何とか里山らしい生き物のつながりがある自然なんですよねー。
彼等の見せてくれるのは躍動的なショーばかりでなく
庭の落ち葉をいつのまにか取り込んでしまう土や、池や水路の底にできた
水を透明にする不思議なとろとろ層など
人の手では一朝一夕にできないすごい魔法!
本当に大事なものは、実はこういうところに隠れているんだといつも感じます。

投稿: ぐりお | 2010年2月 9日 (火) 00時31分

どもでーす。
私、野鳥は殆ど分かりませんが、
ルリビタキって綺麗な鳥ですね~。
うちは嫁さんが野鳥に詳しいんですよ~。
この間、教えてもらったんだけど、庭にね、
キレンジャクと言う鳥が来てました。
これも綺麗ですね~。

投稿: こー | 2010年2月 9日 (火) 06時42分

こーさんどーもです。
ルリビタキは近所でもしばしば見かけるのですが、
本当に青い成熟したオス個体は限られるかなー
時折チラッと視界に写るあの青い影は憧れですが、
なかなかじっくり観察できません。
そちらだと、繁殖地に近いからまた違った表情が見られるんじゃないかなー。
それにしても、本当に奇麗で可愛い鳥です。

奥様、野鳥にお詳しいんですか。いいな〜・・・
キレンジャクって、群れで来ません?
あの無彩色系のグラデーションとアクセントの黄色は
見たら忘れられない印象ですよね。あとヘアスタイルもいいっすね(笑)

投稿: ぐりお | 2010年2月 9日 (火) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/33296994

この記事へのトラックバック一覧です: HAPPY NEWS?:

« 果物ふたたび | トップページ | にわかに春でした »