« にわかに春でした | トップページ | 徹夜敢行(慣行?:笑)中 »

温室ツユクサ

昨日から一転して寒い一日でしたけど、その気温変動が面白かったです。
まず最高気温ですが、日付が変わった直後の0:00に出ています。
何と11.5℃でした。
朝方の冷え込みはまだ弱くて7℃、
日中は曇っていたため僅かな上昇で8.5℃。
そして午後から冷え込みが進んで霧雨も降り出し、
一日の最後に最低気温の3℃が出ました。
明日は雪の予報が出ていますけど、どうかな?

写真は温室の中で見付けた小さな可愛らしい花。
メキシコ原産のツユクサの一種で、Tradescantiae pendulaといいます。
少し前まで属名はZebrinaでしたので、
園芸的にはゼブリナという一般呼称で親しまれています。

この植物の場合、どちらかというと観賞対象は葉の方で、
観葉植物としてホームセンターでもよく見かける種です。
ほら、写真でも花の下に葉っぱと同じ模様の苞葉が見えるでしょう。
このへりが紫で、葉の表面が銀色っぽい緑と深緑のツートンカラー、
ミニ観葉の並びあたりで見覚えありませんか?

これ、日本のツユクサ同様実に丈夫でして、
我が家の温室ではもはや当初の鉢の中には見られず、
鉢の周囲に這い出した茎から温室の床土に根を張り、
完全に自立した存在となってしまいました(笑)
そしてとうとう開花に至ったという訳です。

花は小さくて直径8ミリほど。明るい赤紫の花弁が3枚あります。
日本のツユクサは空色の2枚の花弁が目立ちますが、世界的に見ると
このスタイルは少数派で、殆どが3枚花弁です。
面白いのが6本ある雄しべで、先端がT字型で、イトトンボの頭みたいです。
雌しべは左下の方に寄っていますがちょっとこのカットでは見づらいかな。

今日は3輪しか咲いていませんでしたが、花の色がハッキリしているので、
小さいながらもそれなりに目立っていました。
クッション状の株全体にたくさん咲いたら、結構きれいかも知れませんね。

Onshitsu_tsuyukusa

|

« にわかに春でした | トップページ | 徹夜敢行(慣行?:笑)中 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
予報より降り始めは遅れましたが、21時頃から木々に“個体の当たる音”がするようになり、まだみぞれまじりながら雪になりました。
庭の積雪は1cm。明朝にはけっこう積もりそうです。
鉄道が遅れなければ良いんだけどなあ(いっそ午前中いっぱい停まってくれるとなお良・・・)

投稿: 雷蔵 | 2010年2月11日 (木) 21時53分

雷蔵さんこんばんは。
あらあら、そちらはもう積もり始めましたかー!
今の段階で1センチなら、朝にはけっこう積もっているかもですね。
明日は朝から描いた図面を持って打ち合わせに出るので、
積もって欲しくないのだー!
でも、記事にも書きましたがこちらもみぞれっぽくなってきましたよ。
お互い明日の移動には気を付けましょっ!

投稿: ぐりお | 2010年2月12日 (金) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/33328874

この記事へのトラックバック一覧です: 温室ツユクサ:

« にわかに春でした | トップページ | 徹夜敢行(慣行?:笑)中 »