« クルミモンキー! | トップページ | 合戦はまだ続く・・・ »

この子はだあれ

ちょっとだけ、ほんのほんのちょっとだけですが、
今日はお日様がでました。
通り過ぎる低気圧が急速に発達するので風が強まる予報でしたが、
今のところさほどの風は吹いていません。
でも、気温の方も予報がはずれて8℃止まりの寒い日になりました。

写真はほんのちょっと顔を出したお日様に嬉しそうに応えるロゼット。
これ、なんのロゼットかわかりますか?
ヘビイチゴの仲間?・・・・・残念、違います。
ゲンノショウコなどフウロソウの仲間?
・・・・・ちょっとそんな風にも見えますが、それも違います。

この5角形のフォルムに大きく三つに分かれた葉、とくれば・・・
そうです!キンポウゲの仲間。これが分かる貴方はさすがです!
じつはこれ、キンポウゲ科キンポウゲ属(=ラナンキュラス属)の代表種、
ウマノアシガタのロゼットなんです。
覚えてしまえばなんてことはないのですが、
普段気に留める事が少ない種なせいか
意外とこの時期の姿が知られていないようで、
観察会などでしばしば「これは何でしょう?」と訪ねられます。

便宜上ロゼットと表現しましたが、これは春(早春)になってからの姿で、
冬の間は殆ど芽も目立たない状態ですから、
ロゼットと表現するのは正しくないかも知れませんね。
あとひと月あまりで花が咲き始めますが、
その頃に茂っている葉はもっとずっと大きく、
今の様子からは想像がつきません。この状態が見られる時期は短いため、
あまり一目に付かないのかもしれません。
でも、ちっちゃい葉がわ〜っと寄り集まっている様子は
春の喜びを体一杯に感じている様に見え、思わずこちらも顔がほころびます。

Umanoashigata100303

|

« クルミモンキー! | トップページ | 合戦はまだ続く・・・ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/33714158

この記事へのトラックバック一覧です: この子はだあれ:

« クルミモンキー! | トップページ | 合戦はまだ続く・・・ »