« この子はだあれ | トップページ | 合戦の果てに »

合戦はまだ続く・・・

Kawazugassen_3

すいません、またこのネタです(笑)
荒天に阻まれ、今年は長期戦になっています。

今日は寒くは無かったし、よく晴れましたけど西風が強かったー!
朝も冷えましたね。-1.5℃!久し振りに霜柱が立ちました。
それでも、気温・水温が上がった分、今までよりはマシとばかり
蛙合戦は盛り上がりました。最高気温は11℃に達しました。
水温は測らなかったのですが、気温が6℃を超えたあたりから
ヒキガエルたちがもそもそ動き始めました。

写真は池の循環水路の流入部付近の様子です。
相変わらず何匹もでボッチャンバッチャンやっています。
さてさて、一体何匹写っているか分かります?

彼等の活動の環境に対する影響って、
この程度の小さな池だとバカになりませんね。
岸や底の落ち葉とかアオミドロとかオオバナイトタヌキモのマットが
かき混ぜられて、池の水がやや濁っています。
これって、底の方の低酸素状態を緩和して、巻き上げられた有機成分により
植物プランクトンの発生が促されたりしそうな気がします。

そういえば撮影しているときは気が付かなかったのですが、
池の底の方に、緑色のジュンサイの水中葉が随分目立って来ています。
水中の春も、そろそろやって来たみたいですね(笑)

|

« この子はだあれ | トップページ | 合戦の果てに »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもっす。
ジュンサイ・・・・・あ~、魅力的な言葉・・・・・。(爆)
ほんと私、ジュンサイが大好きなのよね~。
自宅に池があってしかもジュンサイが採取できる、
すっごくうらやましいなぁ。

ヒキガエルって最低気温がまだ氷点下の時でも
冬眠から覚めてるんですね~。
最低気温は低くても最高気温が高いと冬眠からおきるのね。

投稿: こー | 2010年3月12日 (金) 06時01分

こーさんどもです!
そうですねー、確かにジュンサイは私も重宝してます。
庭の植物でもっとも頻繁に食用採取するのがミツバとジュンサイかなー。
この2種は比較的収穫期も長いですからね。
ジュンサイはすまし汁も三杯酢も本当に美味しいですよね。

そうそうこーさん、今年は私も
シオデを試食してみようかと思っているんですよ。
人によってはシオデを山菜の王様と言いますね。期待です!

アカガエルとヒキガエルはともに早起きですよー。
特にアカガエルは大寒の頃から池に現れ始めます。
ヒキガエルは、温かさを感じてから出て来ますが、
今年は出て来てからの寒さにふいをつかれ、寒い日は池の底に潜って
時々呼吸しに出て来ていました。でもその間隔はすごく長いんです。
体の代謝を極端に抑えて、酸素の消費を最小限にしているんでしょうね。

投稿: ぐりお | 2010年3月13日 (土) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/33731544

この記事へのトラックバック一覧です: 合戦はまだ続く・・・:

« この子はだあれ | トップページ | 合戦の果てに »