« 合戦はまだ続く・・・ | トップページ | 2010紅梅だより4 »

合戦の果てに

っていうか、まだまだ続いているので「果て」じゃないんですけどね(笑)
しかし、産卵場所はすでにこんな状況です。
うにょうにょ〜って感じですね。

池の浅棚部はほとんどこの卵塊に埋め尽くされました。
これ以外にも岸の2カ所から底にかけて広がっているので、
かなりの面積にヒキガエルの卵塊が見られます。
今までで最多の量になると思います。
この卵塊、触り心地とか質感はところ天みたいなんですが、
見た感じなんだか腸みたい・・・(笑)

腸っていえば私、下腹部と足の境の筋膜から腸が飛び出るという
じつにけったいでかっこ悪い症状に罹ってしまいました(汗笑)
そけいヘルニアっていうんですが、まあ要は昔から言う「脱腸」ですね。
ああかっこ悪い・・・
病気にかっこ悪いもクソもあるかと家人は言いますが、
じゃああんたがドラマを作るとして、ヒロインの彼氏の病気として
コレを設定するかと尋ねたら、「絶対にする訳ないじゃん!」と爆笑。
ねっ・・・でしょっ(涙)

で、明日、その手術なんですよー。
生まれて初めての手術、ちょっとドキドキワクワク(!?)
下半身麻酔なので、手鏡とかあれば開腹状況が
この目で見れるのではないかとちょっぴり期待(!!?)してたりして・・・
という訳で明日はブログの更新が出来ないかも知れません。
あ、でも根性があったら午前中に更新して午後からの手術に向かうかも。
早ければ、明後日には退院なので休んでも1〜2日です。

ちょっと悔しいのが明日、とーっても気温が高くなりそうだと言う事!
今日も温か(15.5℃)でしたが、明日はそれ以上の予報が出ています。
ちょうど土曜日だし、近くの里山を散策するだけで
いろんな出会いがありそうなだけに、残念!!

Kawazugassen_kekka

|

« 合戦はまだ続く・・・ | トップページ | 2010紅梅だより4 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

初めての手術、緊張しますね。
ご無事のご帰還、お祈りしております。

むかーしの話ですが、少し物事の判断がつきにくくなってきていた祖父が入院したんですよ。

でも、好みの看護婦さんの手だけを握って放さなかった、そうです。

よく判っているねえと、親戚一同感心した覚えがあります。

思いもよらぬ、楽しいことがあるといいですね。

投稿: mari | 2010年3月13日 (土) 09時09分

あら…それはそれは…。
お大事になさって下さいませ…。

投稿: 太郎 | 2010年3月13日 (土) 09時40分


こんにちは
いつもありがとうございます
先生、手術大変ですね頑張って下さい


早く良くなるように祈ってます

投稿: かぶと小僧 | 2010年3月13日 (土) 12時42分

いつもお世話になっております。

手術をされるそうですね。もう20年以上前の話ですが、知人が先生と同じ手術をしましてね、確か10日間程度入院したはずです。広尾の日赤病院まで見舞いに行ったのを覚えてます。先生は1~2日で退院できるんですね。現代の医学は発達してるんだなぁ。実は自分もケガで身体中にメスを入れてますが、30年近く前の手術でしたから、入院とリハビリには長い時間がかかりました。いずれも学生時代のことでしたから、時間はたっぷりありましたがね。
先生、花粉症はどうですか?術後しばらくはくしゃみがちょいと怖いですよね。

早い回復を祈っております。お大事になさって下さい。

投稿: かぶと親父 | 2010年3月13日 (土) 13時16分

 手術なさるとの事、心から御見舞い申し上げます。
私も子どもの頃百日咳から脱腸になりました。
 肝心なのは術後の養生。
退院したからと言って健康体ではないので、痛いですよ~。
全身の筋肉ってこんなにも連動してるんだな~って実感しました。
ここで無理をするととんでもないことになりますので(最近わが身で実証済み)
くれぐれもご自愛くださいませ。

投稿: くわでん | 2010年3月13日 (土) 23時00分

どもでーす。
鼠径ヘルニアの手術ですか~。
がんばってくださいね。

開腹手術ってことは剃られる?
私も盲腸の手術で剃られたんですよね~。
恥ずかしいから自分で剃っていこうかと思ったんですけど、
腹が痛くて無理でした・・・・・・。
まな板の鯉状態でしたよん。
私も手術シーンが見れるかなぁって思ったんですけど、
胸の辺りだったかな、のれんのようなもので閉ざされて
手術シーンは見れませんでしたぁ。
ちなみに私は3日の入院でした。

投稿: こー | 2010年3月14日 (日) 01時33分

>mariさんどうも!
予定通り無事帰還です(笑)
>好みの看護婦さんの手だけを握って放さなかった、そうです。
う〜ん、そういういい事はなかったなあ・・・(爆)
でもって病室が救急車の進入路に近かったので、賑やかでした。
ゆうべは明け方までに5回の救急搬送がありました=寝てません(笑)
病院に泊まり、昨今の医療の現場を垣間見ました。色々とかなり大変ですね。
看護士さんたちも患者さんとのコミュニケーションに苦労していました。
いろんな問題を短時間でいっぱい見ることになりましたよー。ちょいシリアス。

>太郎さん
せいぜい大事にしたいところですが、あんまり入院させてもらえない以上、
否応無しに年度末の仕事最前線へ・・・今週は修羅場です。

>かぶと小僧さん
お見舞いコメント有り難うございます。
手術は大変じゃなかったんですが、麻酔が切れてからは大変。
一応お腹切ってますからね〜、やっぱ痛いですわ(笑)

>かぶと親父さん
そうですかー、昔は10日も・・・それはいいなあ保険が下りて(笑)
(日帰り入院でも出る医療保険に入るべきでした)
冗談はともかく、傷口の抜糸も必要ないお手軽手術でした。
医療の進歩はすごいです。機器や薬に関しては・・・
人の部分は、昔よりずうっと大変みたいです。
御陰さまで花粉はハンノキが過ぎ、スギになったので私は大丈夫です。
でも、くしゃみはコワいです(笑)

>くわでんさん
ご心配いただき有り難うございます。
子供の頃百日咳・・・ってあたりに、懐かしさというか、
年齢的な親近感が・・・(笑)子供の脱腸というのは
圧倒的に女の子に多いそうですね。大変でしたね。
>肝心なのは術後の養生・・・
はい、今とっても実感してます(笑)傷口痛いよ〜!
ひと月程度はおとなしくしようと思っております。
とかいって、帰宅後さっそく庭でしゃがんでマクロ撮影!
立つ時げろげろに痛くなっちゃいましたー(爆)

>こーさん
剃ったですよー、しかも完璧に右半分だけ(爆)
我ながら笑えます!笑うと傷口が開くからどうせなら全部剃って欲しい・・・
手術中は、麻酔とは別に睡眠導入の点滴をされてしまったので
見れなかったよ〜(泣)千載一遇の機会だったのに・・・
あ、こーさんにいただいたトリカブトが出て来ました〜。
開花が楽しみなのだけど、うちのヤマトリカブトはまだ全然出てないんですよ。
関東の夏を無事に越せるかな〜・・・ちょっと心配。

投稿: ぐりお | 2010年3月14日 (日) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/33746299

この記事へのトラックバック一覧です: 合戦の果てに:

« 合戦はまだ続く・・・ | トップページ | 2010紅梅だより4 »