« やっと花に虫 | トップページ | すみれ御膳 »

スプリングスプリンター

また雨ですばい(笑)
やっぱりちょっとおかしいですかね。この急な低温の繰り返しと日照不足で
野菜の価格にも影響が出始めている様ですね。
このまま変なリズムで空梅雨や猛暑にならないか心配です。
明日は晴れ間が戻って来そうですが、
どうやら空気は冷たいままみたい・・・

写真は3年前に苗を購入したカナダゲシ(Sanguinaria canadensis)。
昨日咲いたのですが、今日見たらもう散っていました。
開閉を繰り返しながら長く咲く花が多い春の草花ですが、カナダゲシは例外。
毎年短距離走のスプリンターみたいにあっという間に駆け抜けてしまい、
うっかりすると見逃してしまいます。
去年も絶対ブログにアップしようと思っていたのですが、
ちゃんと開いたところすら見はぐってしまった・・・(笑)

でも今年ちょっぴり嬉しかったのは、開花株が2本に殖えた事!
どうもこの花、なかなか殖えてくれないんです。
ロックガーデンの端っこのブロックに植えてあるのですが、
この一角だけでも、いつか一面にカナダゲシを咲かせる事が目標です。

カナダゲシはカナダ原産の確か1属1種きりの山野草で、
人気があるのか近頃は通販やホームセンターでも見かける様になりました。
でも、そのほとんどが「プレナ」という八重咲きタイプです。
私は美しい八重咲きも嫌いではないのですが、
この花に限らず基本的に花は一重咲きにこだわっています。
だからカナダゲシも一重咲きを植えました。
八重咲きの花っていうのは雄しべが花弁化しているケースがほとんどです。
だから八重咲きになってしまうと、雄しべが少なくなるか、
まったく無くなってしまいます。
折り重なる花弁は花のボリュームを何倍にもし、魅力的なのですが
花弁の中心にはやっぱり雌しべと雄しべがある方が好きなのですよ。

先にも書いた通り、カナダゲシの流通は八重咲きが普通なので
一重咲きを探すのにはちょっと苦労しました。
一重咲きを選んで良かったのは、実生苗が毎年少しずつ発芽する事。
「一面のカナダゲシ」に向け、ちょっと近道ができたかな?(笑)

Sanguinaria2010

|

« やっと花に虫 | トップページ | すみれ御膳 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/34120851

この記事へのトラックバック一覧です: スプリングスプリンター:

« やっと花に虫 | トップページ | すみれ御膳 »