« 今年も我慢・・・ | トップページ | 春の林床の元気さん »

コリダリスの「とり」

寒い寒いといいながら、春植物もいつしか咲き進み
庭のコリダリスでこれから満開となるのは
もう写真のジロボウエンゴサクのみとなりました。
今はまだエゾエンゴサクとミヤマキケマン、
ムラサキケマンが咲いていますが
あとちょっとで終わってしまいそうです。

ジロボウエンゴサクはいつの間にか随分殖えました。
丈夫な草なのですね。思わぬところに生えて来ます。
花はコリダリスでも後発組なのですが、早春に葉を出し始めるのは
多年生のコリダリスではいつもトップバッターです。
葉の枚数や実質面積もけっこうあるので、
光合成による生産期間・生産量が多いのかも知れません。
この辺が強さの秘密でしょうか・・・

遅れて咲くとちょっと不利になるのが、周りの草が高く伸びる事。
だから花を咲かせる時の背はヤマエンゴサクよりも高くなります。
写真の株も、ニリンソウに埋もれながらも
花茎だけはしっかり突き出して、昆虫たちにアピールしています。

ジロボウエンゴサクの「次郎坊」名は相撲のしこ名です。
対する「太郎坊」はスミレを指すんだそうです。
私はやりませんでしたが、どちらの花にもある距を引っ掛ける
「花相撲」の遊びがある様ですね。こういう伝承は、
それが道端にありふれた身近な花であったことを物語りますが、
今ではこの花、それほど頻繁に目にする事もなくなってしまいました。

白っぽく見えますが、白ではないんですよ。ごくごく薄い紫です。
そして先端だけに濃い紫がのる口紅咲きです。
うちの庭は引っこ抜かれないと知っているのか、
やんちゃ過ぎない程度に庭のあちこちで遊んでいる花です(笑)

Jirobouengosaku2010

|

« 今年も我慢・・・ | トップページ | 春の林床の元気さん »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
あのですね、うちのパソのメールソフトが受信できないって今朝分かりました。
この間、smtpとかpop3とかサーバが変わったので
変更したのですが、うまく出来なかったみたい・・・・・。
もし先週から私にメールを送ってましたら、
申し訳ありませんが、受信されてない状態っす。
今日、仕事から帰ってから復旧作業をしますのでよろしくです。

エンゴサク系っていいですよね~。
うちの職場の近くでもエゾエンゴサクが咲いてます。
ちらちらと国道脇で青い花が揺れてるんですよん。

投稿: こー | 2010年4月27日 (火) 07時29分

こーさんどもでーす!
先週メールをいただいたので翌日に返信したところでした。
復旧したら空メールでいいのでくださいっす。再送信しますんで・・・
(大したことは書いてないけど:笑)

エゾエンゴサクが身近に揺れてるなんて、はあぁ〜・・・(ため息)
ほんっっっっとに羨ましいことです。
エンゴサクは海外の種類も美しいものが多いですが、
カシュメリアナとかトランシルバニカ以外の種類って、
なかなか入手できないですよね〜
輸入種子の会社の通販でたま〜に出るけど、見つけた時はたいがい
もうSOLD OUTっす(涙)

投稿: ぐりお | 2010年4月27日 (火) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/34402109

この記事へのトラックバック一覧です: コリダリスの「とり」:

« 今年も我慢・・・ | トップページ | 春の林床の元気さん »