« 園路を高くする | トップページ | ワダスメモリー2010 »

密約アリ?

今日の午前中は冷たい北風がやや強く、最低気温の9℃よりも
ずっと低く感じられたのですが、午後からは風も弱まり暖かくなりました。
しかし、北日本では暴風と吹雪の被害がいろいろ出たようですね。
これで吹き込んだ大陸からの寒気が、
明日はこちらにも大きく影響しそうです。

夕方少し庭の作業をした時、一番古株のブッドレアを強剪定したところ
ちょっと面白い事がありました。
写真がそのブッドレアの太枝を切った際の切り口です。

ブッドレアの枝の一番芯の部分には、
キビがらの様なすかすかの蕊(ずい)があるのですが、
このブッドレアの古い枝ではそこが切る枝切る枝みんな中空になっていて、
切り口から必ず小さなアリが出て来ます。
どうやら枝の中心がアリの巣になっているらしく、
切り取った枝の側の穴からもやはりアリが出て来ました。

様子を観察していると、アリは切断の際に穴に入ったおがくずを
丁寧に運びだして、切り口の周囲を丹念に調べ回った後、
みんなして穴の中に消えて行きました。
アリのサイズは3ミリ強。どちらかと言うと小型の部類だと思います。
アリの分類には明るくないのですが、
何となくハリブトシリアゲアリのような気がします。
このアリは立木の枯れ込んだ部分等に営巣するらしいのですが、
ブッドレアの蕊というのは、ブッドレアにとっては割とどうでもいい部分で
成長活動に必要な部分ではなさそうですし、
穴を見た限りではアリがいる事によって枯れ込みや食害らしいものも
特に見当たりません。
メリットの方はよくわかりませんが、デメリットは見当たらないようです。

アリの方はどうなのでしょうね。
そういえば、ブッドレアの花が咲く頃に、
このくらいのアリが枝葉をうろうろしていたような気がします。
ブッドレアの若い枝葉はなにか分泌物を出すらしく、
このアリがそれを舐めていた様な気がするのです。

これは確かめねばなりません。
今後、このアリとブッドレアの関係に注目です。
ひょっとしたら、何らかの密約があるのかもしれませんね。
あ、密約じゃ無くて蜜約かも・・・(笑)

Mitsuyaku

|

« 園路を高くする | トップページ | ワダスメモリー2010 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/34232702

この記事へのトラックバック一覧です: 密約アリ?:

« 園路を高くする | トップページ | ワダスメモリー2010 »