« 越冬蝶 -ルリタテハ- | トップページ | 獲物のボーダーライン »

水路の水面開け

暖かくなりました。本来この時期はこんなものなはずで、
例年なら「なんだかもう、晴れるとすっかり暑いですねー」
なあんて言葉が交わされる時期です。
今年初めて庭でアゲハ(ナミアゲハ)を見た他、
池にホソミオツネントンボが集合し始め、交尾も見られました。

朝方庭をひと回りしただけで、ずいぶん沢山の生き物を目にしました。
みんなこれを待っていたかの様です。
仕事が一段落ついているので、小一時間ほど掛け
遅れていた庭作業を少し進めました。
今日の作業は庭の排水路の水面開け(みなもあけ)です。
冬の間水路の中に堆積した落ち葉や水生植物の枯れ茎を取り除き、
余分な底泥をかき出して水面を広く開けます。

例年この作業の目安はショウブの花穂が出て来たら・・・なのですが、
今年もようやく最初の2本が出て来ました。
例年より10日前後遅いと思います。

写真の中程に見える水面から勢い良く突き出た鮮やかな緑色がショウブです。
その先のごちゃごちゃしたところはショウブとクサヨシの混群落、
その向こうが石板を渡した石橋になっています。
水路は基本的に石橋より手前が園芸的植栽、石橋の向こうがビオトープ。
ですから手前側はエキノドルスやウォーターパコパなどの外来種のほか
当地には無いヒシモドキ、園芸栽培している熱帯スイレンのスペースです。

熱帯スイレンは野外では越冬出来ないため、鉢植えにしてあり、
秋になると温室内に取り込み、この春の水面開けで再び水路に戻ります。
中程の水中にに見える白い鉢と、手前のオーバーフローパイプの右に見える
底に沈んだ鉢が熱帯スイレンです。

窮屈だった水の中が広い遊泳空間になり、水面も大きく開放されたことで
生き物たちの動き方が変わりました。
かくれて越冬中だったマツモムシやヒメゲンゴロウが泳ぎ出し、
一時間ほどするとアメンボも飛んで来ました。
水中のオタマジャクシも心無しかゆったりとしている様に見えます。
こちらもようやく「春の小川」の気分を楽しめました。

Suiro100421

|

« 越冬蝶 -ルリタテハ- | トップページ | 獲物のボーダーライン »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
春ですね~。
蝶なんかの昆虫も見られるようになってきたんですか~。
こちらはなんか毎日寒い日が続いてます。
どうしちゃったんでしょ、今年は。

明日からこちらで蘭展があります。
本当は金曜日に休みを取っていこうかなって思ってたんですが、
仕事の都合上休めなかったんですよ~、残念ながら。
ざんね~ん。

投稿: こー | 2010年4月22日 (木) 22時24分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
先生、今日のお昼あのそば屋さんにいませんでしたか?部活の先生と前を通ったんです(車に乗ってました)。土浦ナンバーの白い車があったので、もしかしたら?と思いました。

ルリタテハの記事へのコメントです。4月の初め頃、水元公園にウナギのエサを取りに行った時(小魚や川エビ)志賀の捕虫網を持った人と会って、キタテハの越冬成虫をもらいました。展翅しました。越冬しただけあって羽がボロボロでした。この蝶をくれた人は、ムラサキツバメを専門に採集しているそうです。大学の時に昆虫生態学を勉強したと言ってました。
ルリタテハは、前に妹が三郷公園で採集しました。11月だったと思います。とても綺麗だったのでこれも展翅しました。

僕は虫を殺せないので、死んでからでないと標本にできません。毒ビンは持っていません。
駄目ですか?

投稿: かぶと小僧 | 2010年4月22日 (木) 23時19分

こーさんこんばんはです!
らん展ですか!出物があったらきっちりゲットするつもり?(笑)
じつは私も今日は三郷のS洋ラン園に行って来ました。
(一応仕事ですが・・・で、かぶと小僧さんに目撃されたらしいっす:爆!)
まあ仕事で行ったんですが(くどい)出物のPaph.wilhelminiaeを
しっかりゲットです。
にしても今日はこちらも冬に逆戻りですよ〜ほんっと寒かったです!
こーさんに素敵なラン様との出会いがありますように・・・
(財布まで寒くならん程度の・・・爆!)

投稿: ぐりお | 2010年4月22日 (木) 23時59分

かぶと小僧さんこんばんは!
いやあ参りましたね。大ビンゴ!!!
天徳でつけとろろそばすすってましたです(大爆!)
う〜む、悪い事はできんなあぁ・・・(してませんが・・・一応)

キタテハの越冬個体を・・・そうでしたか。
ムラサキツバメを専門に採ってる人がなぜキタテハを・・・・という
お約束の突っ込みはしないとして(してるじゃん:笑)
たとえボロでもそこで越冬したという貴重な証拠データですから、
とても意味のある展翅だと思います。標本もぜひ大切に保管して下さいね。

展翅の件ですが、別に駄目じゃあないですが、
1.展翅はタイミングが大事なので、いつか死んでから・・・という事にすると
いい状態で展翅できないこともあるかも・・・
2.感情的な問題として、どうせ標本にするというのであれば、毒ビンなり
胸部圧迫なりして不自由な時間をみじかくしてあげた方がいいかも・・・
ということもありますです。
大げさに聞こえるかもしれないけど、虫を標本にするのには
やはりそれなりの決意と責任があると思う人であってほしいと思う・・・って、
なんか日本語が訳わかんなくなっちゃった(笑)すみません。

投稿: ぐりお | 2010年4月23日 (金) 00時12分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
水元公園で会った人は、スジグロシロチョウとツマキチョウも採集してました。全部で5匹です。全部貰いました。ムラサキツバメはいませんでした。水元公園、三郷公園にはミヤマカラスアゲハもいるそうなので、採集したいです。大型の蝶の標本が欲しいと思います。
標本の考え方参考にしたいと思います。ありがとうございました。

今回は偶然に天徳の前を通りました。いつもなら、学校にいる時間なのでわからないはずです。剣道部の顧問の先生に用事を頼まれて、先生の車で移動中でした。

投稿: かぶと小僧 | 2010年4月24日 (土) 21時26分

かぶと小僧さんこんばんは!
本当にすごい少ない確率で車を目撃されたのですね。
う〜ん、偶然にしてもこれはすごい!!
でも、時々あるんですよね、こういう事って。
以前お正月に千葉の勝浦海中公園で、何と博物館の H先生にばったり。
あの時もお互い「まさかここまで来て・・・」と本当に驚きました(笑)

そろそろ大きいチョウの季節ですね。
庭にサンショウや蜜柑だけでなく、キハダやコクサギ、
カラスザンショウを置いておくと
ちょっと変わったアゲハチョウがやって来るかもしれませんよ。
うちの庭ではキハダとイヌザンショウにカラスアゲハが産卵します。
キハダは薬用植物として時々ホームセンターでも苗が売られていますが
コクサギやイヌザンショウは無いので、欲しかったらおっしゃって下さい。
小さい苗なら差し上げますよ。

投稿: ぐりお | 2010年4月24日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/34323605

この記事へのトラックバック一覧です: 水路の水面開け:

« 越冬蝶 -ルリタテハ- | トップページ | 獲物のボーダーライン »