« あ”ーっ!やってもうた | トップページ | でろでろでろ・・・ »

プチ嵐のあとさき

Ibota_kaika2010_3

今日はここまでドラマチックで慌ただしいお天気が続いています。
朝のうちは曇っていましたが、程なく晴れ間が広がり慌てて洗濯(笑)
(自宅で仕事をしてるとこういう事が臨機応変にできます。幸か不幸か…)

気温はさほど上がっていないものの
イボタノキの大開花を待ちかねた様に、多くの昆虫が群がりました。
上の写真はその中でもひと際活発に動き回っていたアオスジアゲハです。
このチョウを見ると「夏が来るんだなあ…」という思いがこみ上げて来ます。
翅を突き抜けるミントブルーのスプラッシュは、いつ見ても爽快!

スッキリとした晴天のもと洗濯物は順調に乾き、
あともう少しで干し上がりそうだというあたりでにわかにお空が真っ暗に…
南風がひょうと吹いたら、長く待たずして今年一番かというような
すごいどしゃ降りがやって来ました。
昆虫たちは大慌て、それぞれ近くの葉影へ隣の竹やぶへと
雨宿りに向かいます。
こちらも洗濯物の取り込みに大わらわです(笑)

どしゃ降りの雨は30分足らずで過ぎ去りましたが、
周囲の温度は一気に下がり、今日の昆虫たちの活動に終止符を打つには充分。
しかしこのプチ嵐、とても素敵なお客さんを連れて来てくれましたよ。
下の写真のの彼、不思議旅蝶のアサギマダラです。
ふわふわひらひらと舞いながら、
誰もいなくなったイボタの花を、気兼ねする事なく独り占めです。

アサギマダラは、毎年初夏(5〜6月)と秋(10月)に庭に現れます。
秋に現れるときは2〜3日ゆっくりしていく事もありますが、
初夏に現れる時はだいたいその日のうちにそそくさと行ってしまいます。
今回はどうでしょうか。
アサギマダラは多くの人が関わって移動に関する調査が行われていますが、
こういった調査の対象となったモニタリング個体には
翅にマーカーでデータが記されています。
今回の個体は特にそのようなマーキングは見当たらないようですね。

時々チラッと覗いただけなのですが、
一本のイボタノキが随分色々な昆虫たちのドラマを見せてくれました。
きっと一日中いても飽きないのではと思いますが、
そんな事を書くと家人にチェックされてしまいそうなので、
それは老後にとっておく事にしましょう(爆)

Asagimadara100527

|

« あ”ーっ!やってもうた | トップページ | でろでろでろ・・・ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。

イボタノキにはイボタガの幼虫がつくんですか?蛾の好きな人には人気ありますよね。雪入山でも公園の木で水戸のH先生が大切に飼ってました。アオスジアゲハは三郷でもたまに見ます。確かクスノキにつくんでしたよね?クスノキは独特の匂いがしますね。
三郷では雨は降りませんでした。

採集報告です。先週の金曜日深夜、坂東でハンノアオカミキリを採集しました。初めてです。凄く綺麗です。常総ではコクワ♂1匹とクロコガネ3匹も採集しました。あの橋の気温計は17℃でした。

投稿: かぶと小僧 | 2010年5月27日 (木) 20時09分

かぶと小僧さんこんばんは。
おっしゃるようにイボタガがつくのですが、
どこにでもいる蛾ではないので、残念ながら我が家では見られません。
このあたりだと、筑波山の麓の方ならお目にかかれる様です。
春早く出る蛾なので、もう来年まで会えないですけどね。
しかし、イボタガと言えばあの幼虫、何であんなデザインなんでしょう?
面白いですよね。

ハンノアオカミキリ、採集おめでとうございます。
まめにフィールドを回っていると年に一度位は見かけるムシですが、
逆にそうでもしないとなかなか会えないカミキリとも言えますね。
そして、確かに美しいですね。
今日は橋の温度計は何度まで行ったでしょうね。
この先また低温が続く様です。風邪をひかない様にしましょう(笑)

投稿: ぐりお | 2010年5月28日 (金) 00時34分

先生、こんにちは。いつもありがとうございます。
今日まで中間テストでした。
ハンノアオカミキリは珍しいカミキリムシなんですね。標本に残します。僕はキボシカミキリやキマダラカミキリくらいのサイズのカミキリムシが好きなんです。あと1ヶ月でシロスジカミキリが出ますね。カミキリムシの王者だと思います。
イボタガの幼虫は角が凄いですね。刺されそうで怖いです。
今日は早く帰れたので、オオクワガタの世話をします。

投稿: かぶと小僧 | 2010年5月28日 (金) 16時54分

かぶと小僧さん、中間テストお疲れさまでした。
今はだいぶ開放的な気分でしょうか?(笑)

私も、子供の頃はカミキリムシが好きでしたよー。
触角が長いヤツほど好きでした。
でも、ほとんどは成虫飼育が出来ませんからそれが残念でした。

シロスジはうちのクヌギのん中にもしっかり入っています。
羽化脱出の際ミキに大きな丸い穴を開けるのですが、
そうするとまたそこから樹液が出て来てコクワガタで賑わいます。

この時期になると、エサの減り方が早くなって来ているでしょうから
オオクワガタのお世話も大変ですね。頑張って下さい。

投稿: ぐりお | 2010年5月28日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/34906663

この記事へのトラックバック一覧です: プチ嵐のあとさき:

« あ”ーっ!やってもうた | トップページ | でろでろでろ・・・ »