« 鬼の腕 | トップページ | 早苗の入学式 »

よいしょっ!あ、ども

最高気温21℃!久々の20℃超えに、
庭では初見(その年の最初の確認)を連発、賑やかな一日となりました。
特に目立ったのはスズメバチの仲間とアゲハ類。
スズメバチの方は一人暮らしから大家族へ向けてのスタートを切った
新女王の巣材(樹皮や木片等の植物繊維質)探しが盛んでした。
クロアゲハが何度も現れましたが、
彼のサイズに見合う蜜源植物がまだヤマツツジ位しか見当たらず、
仕方無さそうにオトコヨウゾメやシバザクラ、レンゲソウを訪れていました。

写真はニリンソウ群落の近くの地面から
ようやく顔を覗かせたオオゴミムシ(Lesticus magnus)。
オオゴミムシはその名の通り、オサムシ?というくらい
大型で立派なゴミムシです。ニリンソウの群落に接する
北向きの少し傾斜になった地面で越冬していたのでしょう。
春になってから園路に土を盛ったため、本人の予測より数センチ
地上が遠くなってしまった様ですね。
這い出て来るまでにちょっと苦労した様子でした。

本人は一刻も早く土から抜け出して動き回りたい一心で
一生懸命もがいていたのですが、
カメラを構えて近づいた私に気が付いて、「あ・・・ども」という感じで
一瞬動きを止めました。思わず見つめ合っちゃった訳です(笑)
それから暫くは様子を伺う様に口元の小さい触角を
ぴくぴくと動かしていましたが、どうやら大丈夫そうだとわかると
脱出作業を続行。程なく抜け出し、ニリンソウのしげみの中に
そそくさと消えて行きました。

彼等は庭の掃除屋です。
死んだ昆虫やミミズを見付けて食べるのが得意です。
でも、時々ハンターの様な行動も見せ、
チョウやガの幼虫を狩ったりもします。
分類面では意外にゲンゴロウに近く、
活動ステージが地表か水の中かが違うだけで、やってる事は大体同じです。
幼虫の姿もゲンゴロウの幼虫によく似ています。
これから晩秋までちょいちょい出くわす、常連ですが
春の登場シーンは初めて見ました。

Oogomimushi1005

|

« 鬼の腕 | トップページ | 早苗の入学式 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
本当にやっと暖かくなってきて、ほっと一安心です。

我が家のネズミたちの繁殖もいよいよ本腰、2年越しのキリギリス孵化も終盤にさしかかり(一年目より出てくる幼虫が多いかも・・?)、最近は小型ハトの巣引き準備に勤しんでいます。

ぐりおさんのブログに昆虫の話題が増えてきているのも、春を感じさせてくれる嬉しい変化です。
今年も楽しい話題に期待しています!

投稿: kemono66 | 2010年5月 3日 (月) 19時24分

こっちにも書きます。
クワガタの幼虫採集の時によく見る集団越冬しているやつはゴミムシの仲間ですよね?
オオゴミムシはオサムシのように飛べない種類でしょうか?今年は博物館のH先生から「紙コップ採集100ヶ所やれ!」と言われているので、6月になったらやってみようと思います。オオゴミムシも採集できるかもしれません。でも100ヶ所はちょっと大変そうです。

投稿: かぶと小僧 | 2010年5月 3日 (月) 21時56分

>kemono66さん
お久しぶりです!
相変わらず飼育がお忙しそうですね!
我が家のネズミ”たち”っていうあたりが何ともらしいというか・・・(笑)
キリギリスの孵化ってもうですか?案外早いんですね。
直翅目は(中でも捕食性が強い奴ほど)孵化が
遅いというイメージがあるんですが・・・
小型ハトって?きっと外国産のですね。私は先日三郷で
茨城にはいなくて埼玉に多い小型ハトに、車に糞をされました(爆)

>かぶと小僧さん
集団越冬しているものにはゴミムシダマシやキクイムシの仲間もいますよ。
ベイトトラップは全てが辛いですよ〜。臭いし、やり方がまずかったり
雨が降ったりすると溺死してふやけてるし、おまけにゴミムシにしても
ハネカクシにしてもめちゃめちゃ同定に苦労する昆虫ばっかだし・・・
シデムシとか佃煮みたいにごっちゃり入るし・・・(泣)
100カ所よりも、身近なフィールドで決めたポイント20カ所を
5回やったほうが、データとしては面白いかも知れませんね。
これは修行。それもかなりの荒行ですぞ!

投稿: ぐりお | 2010年5月 4日 (火) 01時12分

こっちにも書きます。
本当に大変な修行だと思います。新治でやった時はイノシシにやられて収穫なしでした。イノシシ臭くて参りました。水海道の時はネコにやられたようで、オオヒラタシデムシが2匹でした。博物館ボランティアのオサムシ探検隊隊長の先生は、オサムシの臭いが好きなんだそうですが、僕は好きになれません。水戸のH先生は、オサムシに噛まれて喜ばれていました。全くわかりません。噛まれたことを機会にオサムシ大図鑑を買ったそうです。むし社で中古の大図鑑を見ましたが4万円以上してました。ビックリです。

投稿: かぶと小僧 | 2010年5月 4日 (火) 08時23分

>かぶと小僧さん
オサムシもゴミムシも薬品っぽい刺激臭を出しますが、
エサのせいか独特の生臭さも持っていますよね。
マイマイカブリなんかもそうですが・・・
あの匂いが好きな人は、さすがにそうはいないでしょうね。
私の愛する大型種のゲンゴロウちゃんも酢酸系の独特な酸っぱい匂いがあります。
シマゲンゴロウが出す匂いは、テントウムシの匂いにそっくりです。
これらの匂いには色々な意味がありそうですね。

図鑑かあ・・・確かに専門的に分かれたもの程、高いですよね。
しかもすぐに絶版になってしまいますから大変です。
私も欲しい図鑑はいくつもあるのですが、
みな2万円から8万円ぐらいするのでそうそう買えません(泣)

投稿: ぐりお | 2010年5月 4日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/34492711

この記事へのトラックバック一覧です: よいしょっ!あ、ども:

« 鬼の腕 | トップページ | 早苗の入学式 »